「一夜限り」が増加?激変する米国の恋愛事情 スマホアプリでお相手を見つける若者たち

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 最新
拡大
縮小

日本のさとり世代も、LINEを介して友人関係が増え、そのメンテナンスに一日の多くの時間を使っており、結果、「異性よりも同性重視」という傾向が強くなってきていますが、これは日米ともに同じ傾向のようです。

友だちとセックス、恋愛の境目があいまいに

ただし違う点もあります。それは、ミレニアルズでは友達関係と、セックス・恋愛の境目もぼやけてきているという点です。

よく使われるのが「フレンズ・ウィズ・ベネフィット」という言葉で、ベネフィットはセックスのこと。

スタンフォード大学の調査では、まったくの赤の他人とフックアップするケースは全体のわずか15%程度だということです。つまりそれ以外の85%はすでに知っている相手、同じ大学に通っている学生とかフェイスブック・フレンズ、友だちのまた友だちなどとフックアップしています。

もちろんティンダーはソーシャルメディアと連動しているし、フェイスブック・フレンズの中から自分にあった相手を捜してくれるHinge(ヒンジ)というアプリも人気です。

4)むしろ恋愛に関してはコンサバ?

ここにこんな面白い調査結果があります。

ベビーブーマーからジェネレーションX、 ミレニアルズまでの3世代を比較した一生涯のセックスの「パートナー」の数を分析・予想し比べたデータです(サンディエゴ州立大学)。

そこで実はいちばん多いのはミレニアルズの親世代に当たるベビーブーマーで11人でした。その次のジェネレーションXは10人、そしてミレニアルズが1番少なくて8人……なんとお相手の数は減ってきているのです。

その理由のひとつが、日本のさとり世代同様、ミレニアルズが初体験する年齢の上昇です。

グットマカー・インスティチュートの調査によると、前世代のジェネレーションXで「15歳より前に初体験した」と答えた女子19%、男子21%だったのに比べ、ミレニアルズは女子11%、男子14%と減っています。その理由として望まない妊娠がもたらす結果や、エイズなどの病気に関する情報が学校教育やインターネットにより浸透したことが挙げられています。

一方で結婚年齢も上がってきており、これも日本の若者同様です。長い独身時代の恋愛やセックスライフをどうするか、多くの人が選択しなければならないわけですが、その答えのひとつが、結婚を前提としたお付き合いをしなくて済むフックアップやカジュアルセックスだと言えるかもしれません。さらにその相手をある程度信頼できる「友だち」の中から選ぶというのが、先に上げた簡便さと同時に、彼らの自衛本能なのかもしれません。

次ページ顕著に現れる「個人主義」
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT