日本出身力士が再び優勝する日はいつなのか

57場所連続で外国出身力士が優勝中だが・・・

門外漢の意見はそういうものだと受け入れる一方で、本場所や稽古などを見てもらえれば、その考えが変わるのではないかとも思っている。大相撲は競技としての優勝争いだけでなく、江戸時代から続く特有の伝統文化、神事の側面があり、実に奥深い。

力士の取り口、キャラクター、ルックスもさまざまで、知れば知るほど国籍の壁はなくなっていく。ルールは単純だが、相撲の動きが分かるほどに別の見方も生まれていく。子供でも楽しめるが、大人のたしなみにもなる。

日本出身力士の優勝は起爆剤になる

そんな大相撲に、より関心を持ってもらうには、日本出身力士の優勝はいいきっかけになる。ラグビーのワールドカップで日本代表が南アフリカ戦で金星を挙げ、これまで観戦したことのなかった人たちまで引き込まれた。五郎丸選手ら日本代表を見たくて会場に行けば、自然とラグビーの他の魅力をいくつも発見するだろう。

もし日本出身力士が優勝したら…。約10年ぶりのニュースは、大相撲の枠を超えて話題になる。海外にも及ぶ。優勝者が大関なら、来年の初場所は綱とりがかかる。日本人横綱の誕生となれば、1998年名古屋場所で昇進した3代目若乃花以来、約18年ぶりになる…。

あまり来年のことを書くと、鬼が笑う。静かに、その時を待ちたい。

今年の締めくくりとなる九州場所は、間もなく初日を迎える。優勝候補筆頭は白鵬。秋場所は左膝を痛めて、2007年の横綱昇進後初めて途中休場した。今場所に向けても、初日の3日前に出場を正式表明するなど慎重に見極めてきた。万全ではないが、史上最多33回の優勝を成し遂げて以来、低下気味だったモチベーションが休んだことで回復したように見える。

次ページ満員御礼の記録がかかる
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • 親という「業」
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 高城幸司の会社の歩き方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT