日本出身力士が再び優勝する日はいつなのか

57場所連続で外国出身力士が優勝中だが・・・

白鵬に続くのは鶴竜、日馬富士の2横綱と、照ノ富士、稀勢の里の2大関。日馬富士は2013年九州場所以来、優勝がない。先場所全休の原因となった右肘のケガを抱えるが、賜杯への執着は特に強い。鶴竜は先場所、横綱に昇進してから初めての優勝を飾った。「うれしい気持ちとホッとした気持ちでいっぱい」と話した通り、優勝への渇望の薄れがあれば、それが最大の敵になる。

照ノ富士、稀勢の里に注目

将来の横綱昇進が有望視される大関照ノ富士は、先場所13日目に負った右膝のケガが治りきっておらず、稽古が万全でない。しかし、先場所は優勝に準ずる成績(12勝3敗)を収めており、今場所の成績次第では一気に横綱昇進の可能性を残す。これは大きなモチベーションになる。

そして、日本人で最も優勝に近いとされる稀勢の里。人気も期待値も高い、この大関が優勝すれば、最も盛り上がる。優勝争いに絡んだ後の大事な一番で力を出し切れるか。精神面の課題を克服すれば、悲願達成への道が開けてくる。

大関琴奨菊、豪栄道、関脇栃煌山、妙義龍も優勝争いに絡める和製力士。3場所連続で2ケタ勝利の小結嘉風は、今場所も上位を食っていけば、優勝争いは面白くなるはずだ。幕内最年長37歳の安美錦の奮闘、新三役を狙う大砂嵐や遠藤、ざんばら髪で新入幕を果たした御嶽海らも見逃せない。

このほか、九州場所では満員御礼の記録もかかっている。今年は初場所初日から5場所続けて15日間の大入りが続いている。1年で最も集客に苦しむ九州で連日の満員御礼となれば、1996年以来19年ぶりとなる年間90日間の大入りになる。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT