ブータンの幸福度が過去5年で上昇したワケ

睡眠十分との割合増える

 11月3日、ブータンで今年5年ぶりに「国民総幸福度」(GNH)指数の調査が行われ、同国の国民の幸福度指数が2010年の0.743から0.756に上昇したことが明らかになった。写真は今年9月に国連で演説するブータンのトブゲイ首相(2015年 ロイター/Andrew Kelly )

[ニューデリー 3日 ロイター] - 「国民総幸福度」(GNH)指数を導入したブータンで、今年5年ぶりに調査が行われ、同国の国民の幸福度指数が2010年の0.743から0.756に上昇したことが明らかになった。

トブゲイ首相は今回の調査結果を発表した会合で、「生活水準や健康、時間の使い方などではわずかに改善が見られた」とし、充分眠れているとの回答率は2010年から7%上昇したと指摘した。一方、「社会の活力、心理状態などの指数は低下した」と述べた。

GNHでは、娯楽の時間や森林の面積、怒りや嫉妬など負の感情を抱いているかどうか、充分眠れているかどうかなど、国内総生産(GDP)では無視されている項目を含めた調査が行われる。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 財新
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本の経常収支に構造変化<br>10年後には赤字化も?

ドル円相場が不思議な安定を続けています。その背後に日本企業や投資家の行動変化があり、統計数値として経常収支に表れます。10年後に経常黒字が消え、通貨の信認を問われる時代になる可能性を踏まえ、国も企業も戦略を構築しておく必要があります。