ブータンの幸福度が過去5年で上昇したワケ

睡眠十分との割合増える

 11月3日、ブータンで今年5年ぶりに「国民総幸福度」(GNH)指数の調査が行われ、同国の国民の幸福度指数が2010年の0.743から0.756に上昇したことが明らかになった。写真は今年9月に国連で演説するブータンのトブゲイ首相(2015年 ロイター/Andrew Kelly )

[ニューデリー 3日 ロイター] - 「国民総幸福度」(GNH)指数を導入したブータンで、今年5年ぶりに調査が行われ、同国の国民の幸福度指数が2010年の0.743から0.756に上昇したことが明らかになった。

トブゲイ首相は今回の調査結果を発表した会合で、「生活水準や健康、時間の使い方などではわずかに改善が見られた」とし、充分眠れているとの回答率は2010年から7%上昇したと指摘した。一方、「社会の活力、心理状態などの指数は低下した」と述べた。

GNHでは、娯楽の時間や森林の面積、怒りや嫉妬など負の感情を抱いているかどうか、充分眠れているかどうかなど、国内総生産(GDP)では無視されている項目を含めた調査が行われる。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT