ブータンの幸福度が過去5年で上昇したワケ

睡眠十分との割合増える

 11月3日、ブータンで今年5年ぶりに「国民総幸福度」(GNH)指数の調査が行われ、同国の国民の幸福度指数が2010年の0.743から0.756に上昇したことが明らかになった。写真は今年9月に国連で演説するブータンのトブゲイ首相(2015年 ロイター/Andrew Kelly )

[ニューデリー 3日 ロイター] - 「国民総幸福度」(GNH)指数を導入したブータンで、今年5年ぶりに調査が行われ、同国の国民の幸福度指数が2010年の0.743から0.756に上昇したことが明らかになった。

トブゲイ首相は今回の調査結果を発表した会合で、「生活水準や健康、時間の使い方などではわずかに改善が見られた」とし、充分眠れているとの回答率は2010年から7%上昇したと指摘した。一方、「社会の活力、心理状態などの指数は低下した」と述べた。

GNHでは、娯楽の時間や森林の面積、怒りや嫉妬など負の感情を抱いているかどうか、充分眠れているかどうかなど、国内総生産(GDP)では無視されている項目を含めた調査が行われる。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。