トルコの「ヴェステル」を知っていますか?

台頭する新興国の薄型テレビメーカー

ヴェステルの4Kテレビ。ヴェステルは欧州でシェア2位を誇るトルコの家電メーカーだ

世界のテレビ市場で、新興メーカーが存在感を強めている。

シェア1位にサムスン電子、2位にLG電子というトップツーの顔触れは変わらないが、2013年は3位に中国メーカーのTCLが躍り出た。

快進撃の理由はどこにあるのか。TCL欧州地域マーケティング・ディレクターのアントイン・サロメ氏は、9月5~10日に開催される欧州最大の家電展示会「IFA」のプレイベント「Global Press Conference(GPC)」で次のように語った。

「TCLの最大の強みは垂直統合型のビジネスで、タイムリーに新製品を出せることだ」

TCLは液晶パネル生産も手がけており、韓国サムスン電子などに外販している。自社ブランドのテレビも手広く展開し、2013年の出荷台数は前期比10.7%増の1720万台と大きく伸ばしてソニーを抜き去った。

TCL躍進の秘密

TCL欧州マーケティング・ディレクターのサロメ氏

成長戦略は明快で、値ごろ感があるテレビを全方位の消費者に展開している。たとえば欧州市場の場合、35歳以上のファミリー層には「Thomson」ブランドで信頼性を訴求する中価格帯品をそろえ、20~35歳の若い世代には「TCL」ブランドでポップなデザインのテレビをラインナップする。49型で1000ユーロの4Kテレビも揃えている。複数ブランドで自在に商品展開できるのは、自社でテレビ用パネルを生産する垂直統合モデルだからこそ。これはパナソニックやシャープといった日本メーカーが軒並み挫折したビジネスモデルだが、TCLは好循環を生み出せている。2015年までに液晶パネル生産を増強し、有機ELパネル工場の立ち上げも検討中という。

彼らが期待を寄せるのが次世代テレビだ。年内に65型で曲面ディスプレイを採用した4Kテレビの発売を予定している。今年9月の「IFA」では、超大画面となる110型の曲面ディスプレイを採用した4Kテレビの発表を計画するなど、勢いづく。

次ページ存在感を高めるヴェステル
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
かんぽ まさかの10月営業再開<br>日本郵政グループの不適切判断

日本郵便本社が発した「10月からかんぽ営業を段階的に再開」との緊急指示に、現場は大混乱。乗り換え勧奨禁止などの再発防止策、7月末に実施を発表した全件調査、特定事案調査にも大きな問題を残したままだ。拙速な営業再開の裏には何が。