中国の金融改革、狙いは「人民元のSDR入り」だ

米英両国への根回しも着々と進んでいる

この場で人民元がSDR(特別引き出し権)のバスケット通貨に採用されるとの見方が強まっている。SDRとはIMFが加盟国に割り当てる準備通貨。現在は米ドル、ユーロ、英ポンド、日本円で構成されており、人民元は「第5の国際通貨」を目指しIMFとの協議を続けてきた。

8月11日、人民銀行は人民元の対ドル為替レートの決定方式を見直したが、これもIMFの指導に沿ったものだ。

習近平国家主席は9月の訪米時、10月の訪英時に、両国政府からSDR入りについて支持を取り付けている。採用の可能性はかなり高まった。

中国政府には、「国際通貨を目指す」という名目で、金融改革を進めたいという思惑もあったようだ。一方で冷やりとする動きもあった。

8月の制度変更後、元安観測の高まりから、人民元をドルに換える動きが盛り上がった。「このときは資本規制のおかげで流出を防げた。資本取引の自由化を急ぐと危ないと痛感したのでは」(北京の国際金融筋)。人民元が使い勝手で既存の国際通貨に劣らないようになるまでには、まだまだ時間がかかりそうだ。

「週刊東洋経済」2015年11月7日号<2日発売>「核心リポート03」を転載)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。