新「AppleTV」、実際使うと分かるその破壊力

アップルの「お茶の間新兵器」を最速リポート

音声認識機能「Siri」でコンテンツを検索。現在はiTunesで配信している作品の検索に使える

「日本向けのコンテンツがないのでは」と思われそうだが、そうではない。動画配信は日本でもビジネスが活性化しているため、「映像がない」わけではない。ただし、映像に付随する「情報」は不足しているように思える。

新しいApple TVでは、音声でコンテンツの検索ができる。PCやスマホに比べ文字入力が困難なテレビで、音声認識は重要度を増しており、正しいアプローチだ。実際、音声認識精度も悪くない。

データ整備は1日にしてならず

だが、検索できるジャンルなどの情報がまだ足りない。例えば「時代劇」や「日本映画」というキーワードで検索に失敗したりする。検索のためにキャスト・スタッフ情報が提供されているが、写真が入っていなかったり、情報が正しくなかったりするものも多い。米国では、動画サービスを複数串刺し検索し、「この映画はどのサービスで見られるか」をわかりやすく示す機能があるのだが、日本ではまだ満足に動いていないようだ。

こうした情報の充実には、ある程度時間が必要だ。逆に言えば、「時間さえあれば充実してくる」ものとも言える。米国は、日本より10年は進んだ映像配信大国だから、そうしたデータの整備も進んでいる。現在見えているのは、その違いだ。

米国のような映像配信大国と日本を比較すると、ニーズの部分でかけているのは「放送発コンテンツの取り込み」だ。Apple TVではリアルタイムの放送や録画の視聴ができないわけで、日本だと「テレビの機能の代わり」にしてしまうのは辛い。VODや見逃し配信、ネットでのリアルタイム配信が整備されている海外の国々では、全く事情が違うはずだ。

だが、日本も遅ればせながら、「放送発コンテンツのネット活用」が本格化した。VOD増加もその一翼を担っている。Apple TVが「アプリプラットフォーム」であるのは、そういう状況でも、アプリ追加で進化させていける分、有利である。

こういった「進化しやすいプラットフォーム」が、これからのテレビ向け機器では基本になる。アマゾンの「Fire TV」もグーグルの「Nexus Player」も、そしてゲーム機もそうである。手軽にテレビの機能を拡張できる機器の存在が、動画配信の普及には欠かせない。

そういう意味では、日本にとってはちょうどいい時期に、Apple TVは「アプリベースになってくれた」とも言えそうだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
なぜ取締役会に出席しない?<br>会社側の苦しい「言い訳」

役員会に出席せず改善の兆しがない取締役は、機関投資家や議決権行使助言会社から厳しい目を向けられています。株主総会招集通知から、取締役・社外監査役の取締役会出席率を独自集計し、欠席の多い人のランキングを作成しました。安易な選任の実態は?