Huluが、ようやく「広告のない番組配信」へ 会員900万人のサービスは、どこへ行く?

印刷
A
A
ナレーションは英語で本文は日本語訳です

厄介な広告なしで、人気番組「Seinfeld」の再放送を見ることができるようになるかもしれない。7月17日、ウォールストリート・ジャーナルは、Huluが新しい広告無しサービスの計画を検討していると報じた。このような動きは、明らかに、業界最大手であるNetflixに対抗することを目的とした計画だ。

Huluは現在、2種類のサービスを提供している。すなわち、無料と、月額7.99ドルの有料サービスだ。有料サービスでは、見放題の視聴者向けに、シーズン全体の価値があるドラマなど、より多くのコンテンツを提供しているが、それでも加入者には強制的に広告を見せている。

それに対して、NetflixやAmazonプライム・インスタント動画のようなライバル企業のサービスは、広告を取り除いている。Huluの有料サービスは現在、米国ではNetflixと同じ月額7.99ドルだが、検討中と伝えられている広告無しサービスは12~14ドルと高額だ。

Huluにとっての大きな課題は、広告事業と共食いを起こさないことだ。Huluの有料サービスは、NetflixやAmazonにはないものを同社にもたらしている。会員からの収入だけでなく、広告からの収入もあるため、2本立てになっているのだ。

Huluは、自社の競争力を高めるためにコンテンツを追加してきた。しかし、加入者はまだわずか900万人。Netflixがちょうど今週明らかにした加入者6500万人以上と比べると、ほんのわずかに過ぎない。

Huluの計画を後目に、NetflixやAmazonの株価は7月17日午前の取引で上昇した。

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT