東ソーがリチウムイオン電池材料で攻勢、EV拡大に商機あり

東ソーがリチウムイオン電池材料で攻勢、EV拡大に商機あり

携帯電話やノートパソコンなど、民生用モバイル機器向けを主体に広がってきたリチウムイオン電池市場に、一段の成長期待が高まっている。新たな用途として電気自動車(EV)など車載用が急速に拡大しつつあるのだ。

2010年末にEV「リーフ」を発売した日産は、今年、北米や英国でEV用電池の生産に乗り出した。日産だけでなく国内外の自動車メーカーも、EVへの取り組みを加速している。

富士経済は車載用のリチウムイオン電池市場が16年に1兆1800億円と、11年(見込み)比で10倍に広がり、民生用などと一気に肩を並べると予測。これをにらみ、関連する部材、中でも正・負極材、電解液、セパレーターといった主要4材料を軸とした素材メーカー間の競争が激化している。


ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • コロナショック、企業の針路
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。