東ソーがリチウムイオン電池材料で攻勢、EV拡大に商機あり

新たな正極材原料を開発 安全性と長寿命化に貢献

激戦の中、正極材の分野で存在感を発揮する企業の一つが、総合化学メーカーの東ソー。手掛けるのは正極材そのものでなく原料の素材。特に車載向けで有望だ。

東ソーは今年2月、正極材原料として「化学合成法マンガン酸化物」と呼ぶ素材を新たに開発、グループ企業を通じ日向工場(宮崎県)で、年5000トン規模での量産を13年春に始めると発表した。

マンガン酸化物は、正極材であるマンガン酸リチウム(LMO)やニッケル、コバルト、マンガンで構成する三元系のいずれの原料ともなる(図参照)。マンガンには正極材の結晶構造を強固にして、十分に充電された状態でさらに電荷を蓄えようとする「過充電」の際、発火する危険性を抑える特長がある。EV用電池の正極は電池設計に合わせて複数の材料を混合するケースが多いが、マンガン系は安全性を重視するEV用で有望視されている。


ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT