見る、語る、実行するの3ステップを心掛けよ--『言葉力が人を動かす』を書いた坂根正弘氏(コマツ会長)に聞く

拡大
縮小
見る、語る、実行するの3ステップを心掛けよ--『言葉力が人を動かす』を書いた坂根正弘氏(コマツ会長)に聞く

コマツのV字回復を成し遂げた経営者の一味違った「実践経営論」が話題だ。「見る」「語る」「実行する」のステップを心掛ければ、おのずと養われる「言葉力」によって人を動かすことができるという。

──「ダントツ経営」で著名です。

この5年ぐらい講演をしまくっている。このところは週2、3回のペース。一般論はほとんどない。自分の経験したことや、一点突破の例を、コマツならではのデータを挙げながら話す。引き込まれるとの感想をいただいている。それはなぜなのか。自分としても、その言葉力を解き明かすのは興味のあるところなので、考えてみた。

──言葉力?

この本を書いてからは、それで講演会の最後を締めている。「見る」「語る」「実行する」というステップを、サイクルとしていかに多く回すか。それによってリーダーは言葉に力を持たせることができる。まず見るが大事で、そこで本質を見抜けるかどうか。見抜けずに語ると、実行しても失敗する。このサイクルを意識して回していけば、語る力は自然と出てくる。語る前に見る、語った後に実行する。これを含めて言葉力だと思っている。

好きな言葉に「知行合一」と「誠」がある。知識は行動と合わさって初めて一つであり、実践の場で繰り返して学んだことこそ本物だ。それは、このサイクルでいえば、見ると実行するを合わせたもの。また、誠は、言うを成すと書く。語って実行するから、誠意になるし、信頼を得ることができる。この三つのステップに、知行合一も誠意も重なる。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT