いびつなラグビー人気はすぐ終焉しかねない

セルジオ越後、「未熟な報道」の弊害を語る

――スター選手を作り上げ、その選手ばかりを取り上げている、と。

五郎丸が『ラグビーにはヒーローはいない、チームみんながヒーロー』と言っているのに、日本のメディアは彼ばかりを取り上げる。スター選手をもてはやすことに躍起になっている。そうしてブームを作り出し、その熱が冷めてきたり、その競技が負けたりすると、サッと手を引く。まさに、なでしこがそう。ワールドカップで2大会続けて決勝進出という快挙を成し遂げたのに、報道量が極端に少なくなった。

競技の魅力を伝え、負けても応援する

なでしこジャパンに飛びつき、(浅田)真央、羽生(結弦)に飛びつき、錦織(圭)に飛びつき、今度は五郎丸。そうやってブームをどんどん作り出し、スポーツを食い物にする。競技そのものの魅力を伝え、負けても応援する文化が日本のメディアに生まれなければ、スポーツ報道は成熟しないでしょう。

――7月の女子ワールドカップのあと、宮間あや選手が「女子サッカーをブームではなく、文化にしたい」と言っていましたが、先日の帰国会見で、エディージャパンの選手たちも「ラグビーを文化として根付かせたい」と言っていました。

ラグビーも昔、すごく活気づいていた時代があったんです。松尾(雄治)がいて、新日鉄釜石が強かった時代ですね。でも、なかなか企業スポーツの範疇から抜け出せず、一方、サッカーはJリーグの誕生とともにプロ化して、日本における両スポーツの立場に大きな差が生まれた。

でも、ラグビーにはオールドファンがたくさんいますから、日本においてポピュラーなスポーツになっていく素地はあります。今回のワールドカップ、そして4年後の自国開催のワールドカップは発展のきっかけになるでしょうね。

――それには、4年後のワールドカップをなんとしても成功させなければいけませんね。

サッカーの日韓ワールドカップがそうだったんですが、日本人はメンツが懸かると、すごいエネルギーを使って本格的な強化に乗り出すけれど、それが終わった途端に、急に責任の所在が曖昧になり、誰も責任を取りたがらず、成長が停滞するばかりか、下がり始めます。

ラグビーも自国開催のワールドカップまでは、しっかりとした強化を進めることでしょう。ラグビーが本当に日本でポピュラーなスポーツになり、文化として根付くかどうかは、ワールドカップ後に懸かっています。サッカー界と同じ過ちを犯してほしくはないですね。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ニッポンの出産は安心・安全なのか
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大赤字のソフトバンクグループ<br>それでも強気を貫く根拠

収益に大きな貢献を続けてきたファンド事業がグループの決算に大穴を開けた。事態急変でも孫社長は「反省はするが萎縮はしない」。強気の理由は何か。いずれにせよ焦点は上場申請を取り下げた米ウィーの再建だが、長丁場になりそうだ。