いびつなラグビー人気はすぐ終焉しかねない

セルジオ越後、「未熟な報道」の弊害を語る

――4年後のワールドカップは日本で開催されます。自国開催に向けて弾みがつきましたね。

本当の目標は4年後のワールドカップを成功させること。まだ何かを成し遂げたわけではありません。しかも、今回の躍進でかなり警戒される存在になったことでしょう。これからもチャレンジャー精神を忘れずに戦うことが大事だと思います。

ただ、選手たちのコメントを聞いていると、目標にしていたベスト8に達しなかったという現実としっかり向き合っているように感じます。彼らが浮かれることはないんじゃないでしょうか。

ブームしか作れない日本のメディア

むしろ問題なのは、『よくやった』『よくやった』と騒いでいるメディアと国民です。五郎丸(歩)の涙を思い出してほしい。あれは嬉し涙ではないでしょう。選手たちは満足していないのに、メディアや国民が必要以上に褒めたたえては、悔しがっている選手たちに失礼だと思いますね。

――空港には約500人のファンが集まり、代表選手たちを迎えました。

4年前のなでしこフィーバーと同じ現象が起きていますね。4年前、サッカーのなでしこジャパンが女子ワールドカップで優勝したときも、開幕当初はまるで関心を持たれていなかったのに急に注目を集めるようになり、ブームになっていった。今回の“五郎丸人気”を見ていると、あの頃の澤(穂希)や川澄(奈穂美)を思い出します。

エディー(ジョーンズ)ヘッドコーチは五郎丸のことを『世界で5本の指に入るキッカーだ』とたたえていますが、日本のメディアは、イケメンだとか、ジェスチャーのことばかりを取り上げていて、彼の選手としての魅力が伝わってきません。

ちょっと過熱しすぎて、五郎丸が通う美容院にまで押しかけている。日本のメディアの報道はワンパターンなんです。だから、ブームしか作れない。ワイドショーはまだしも、スポーツニュースでも選手をアイドルのように扱っていて、彼らがどんな戦いをして南アフリカに勝ったのか、ラグビーという競技の魅力を取り上げる番組があまりない。今、本格的なスポーツニュースが少なくなって、みんな、バラエティ番組のようですね。

次ページ文化として根付かせるには…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 30歳とお金のリアル
  • ひとりの贅沢空間~週末に聴きたい名盤
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
楽天の通信事業<br>狙いと勝算をすべて話そう

2019年10月、第4の通信会社として自前回線でのサービスを開始する楽天。今回の通信参入プロジェクトを「神がかりのショット」続きだったと話す三木谷浩史会長兼社長。その真意とともに、狙いや勝算、世界を見据えた成長戦略を聞いた。