20位--日本の労働生産性の順位(OECD加盟34国カ国中)《気になる数字》

20位--日本の労働生産性の順位(OECD加盟34国カ国中)《気になる数字》

日本生産性本部がまとめた2011年版労働生産性の国際比較によると、日本の労働生産性(就業者1人当たりの名目付加価値)が、2年ぶりに上昇したことがわかった。この調査はOECD(経済協力開発機構)や世界銀行などのデータに基づいて世界各国の労働生産性などを比べたもの(通貨のドル換算は購買力平価による)。

10年の日本の労働生産性は、6万8764ドル(前年比5.6%上昇)、順位はOECD加盟34カ国中20位(同2ランク上昇)となった。リーマンショック後の09年にGDPが大きく落ち込んだ反動と、デフレの進行に伴って購買力平価換算レートが上昇したことが貢献した。しかし国際的に見ると、イスラエルやギリシャ、アイスランドとほぼ同水準で、米国(10万2903ドル、3位)の3分の2程度。OECDの中位レベルをかろうじて維持している格好だ。

世界銀行などのデータで作成されたランキングを見てもほぼ同様で、日本は6万4988ドルで95カ国中26位(09年)。一方、BRICsは、ロシアの3万8638ドルが最も高く46位。ブラジルは2万1460ドル、67位、中国も1万1612ドル、82位にとどまるが、中国はここ10年間で実質2.3倍の上昇を実現(インドはデータの不備で計測値なし)。

長期低落傾向が続く日本とは対照的な結果となっている。

(『東洋経済 統計月報』編集部 =週刊東洋経済2012年3月24日号)

記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。

 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT