246万円--60代以上の妻が貯め込んでいるへそくりの額《気になる数字》

オリックス銀行の「夫と妻のへそくり事情調査」によると、へそくりの額が最も少ないのは、30代の夫、最も多いのは60代以上の妻であることがわかった。この調査は昨年12月、全国の20歳以上の既婚男女2091人を対象に実施された。

夫や妻に内証でへそくりをしている割合を見ると、夫64.3%、妻69.0%。へそくりを始めたきっかけは、夫、妻とも「自分のため」が5割を超えるが、夫の場合、2位以下は「臨時収入があった」「子どもや孫のため」「将来に不安を感じて」「配偶者のため」と続くのに対して、妻は「将来に不安を感じて」「子どもや孫のため」と続き、「配偶者のため」は7番目で9.9%。夫の14.6%とは差が開いた。

へそくり額は、夫112万円、妻170万円。20代は夫のほうが多いが(夫81万円、妻79万円)、以降は逆転。30代は夫が46万円と最も低くなったのをはじめ(妻123万円)、40代(夫99万円、妻125万円)、50代(夫110万円、妻235万円)と妻が上回る。60代以上では、夫も163万円と増えるが、妻は246万円。年代別でも最も多い。

家計の管理別に見ると、夫が管理している場合は夫のへそくり額のほうが多く、妻が管理している場合や共同管理では妻のほうがしっかり貯め込んでいる。大切なのは財布のひものようだ。

(『東洋経済 統計月報』編集部 =週刊東洋経済2012年3月31日号)

記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナショック、企業の針路
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。