アンチエイジングを心掛けている中高年の割合

《気になる数字》

 

博報堂エルダーナレッジ開発 新しい大人文化研究所が行った調査によると、今の中高年は若々しさやセンスのよさなど「見た目」を大切にしていることがわかった。この調査は昨年10月、同研究所が40歳から69歳までの男女3708名(男性1854名、女性1854名)を対象としてインターネットで行った。

40~60代の男女が言われてうれしい言葉との質問では、「若々しい」がトップで42.4%。以下、「センスがいい」37.2%、「自然体だ」30.4%、「バランス・調和の取れた」26.2%、「本物がわかる」24.8%、「自分・自分らしさを貫く」24.6%と続き、これまで褒め言葉とされていた、「成熟した」は8.1%にとどまった(複数回答)。一方、不愉快になる言葉は、「頑固な」が42.5%と断トツで、「組織で動く」15.8%、「自己主張のある」8.4%を引き離した。男女別に見ると、「組織で動く」は男性、「自己主張のある」は女性で割合が高くなっている。

何歳になっても若々しい見た目でありたいという気持ちがあるかとの問いでは、「非常に当てはまる」「やや当てはまる」を合わせて72.6%がそう思うと回答。また、アンチエイジングを心掛けて暮らしたいという気持ちはあるかとの質問でも、61.2%があると答えている。年代が高まるほど肯定的な回答が増え、60代は最も高い62.8%。年齢を重ねるほど、若く見られたい思いは強まるようだ。

(『東洋経済 統計月報』編集部 =週刊東洋経済2012年3月3日号)

 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。