解散・上場廃止宣言から一転、上場維持--マザーズ最古参銘柄、メッツのジェットコースター的軌跡

解散・上場廃止宣言から一転、上場維持--マザーズ最古参銘柄、メッツのジェットコースター的軌跡

解散による上場廃止宣言から一転、スポンサーが現れ、上場が維持されることになった東証マザーズ上場のメッツ。上場からの12年間の軌跡は、まさにジェットコースターそのものだ。

メッツの上場は、ITバブル末期の2000年2月。前年の11月に東証マザーズ市場が開設され、リキッドオーディオジャパン(後のニューディール)とインターネット総合研究所の2社が開設と同時に上場しており、メッツはマザーズ3番目の上場会社である。先行2社はすでに上場廃止になっており、メッツは現在上場する会社ではマザーズ最古参となっている。



  上場当時のメッツの主要事業は、パソコン用のグラフィックパッケージソフトの開発・販売事業。無借金で年商10億円弱、営業利益8100万円という会社だった。

だが、翌01年3月期は売上高が2億円強まで落ち込み、早くも営業赤字に転落してしまう。パソコン向けパッケージソフトの先行きが暗いことを理由に、ポータルサイト運営やオンラインでのコンテンツ提供サービスに進出するも、コストに見合う収益が上がらなかったからだ。

翌02年3月期は早くも、採算が合わないポータルサイト運営の縮小を余儀なくされるなど苦戦が続き、連続赤字に。創業事業であるパッケージソフト事業からは04年4月期に撤退している。

03年3月期に赤字脱却に成功したのは、02年秋からセキュリティシステムの販売を開始したからだ。販売先は、中古マンションを改装して転売する不動産会社。改装時に同社のセキュリティシステムを組み込んで転売する、という手法だった。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • コロナショック、企業の針路
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』最新号が見抜く<br>コロナ禍に強い会社

逆境下でも好業績を維持している企業はどこか。今期に過去最高益を更新、5期連続で増益など好調企業のリストを、ランキング形式でまとめました。会社が業績予想を開示しなかった日産、ホンダなど29社も、四季報記者が独自予想し公開しています。