解散・上場廃止宣言から一転、上場維持--マザーズ最古参銘柄、メッツのジェットコースター的軌跡

不動産事業でよみがえり、不動産事業で体力落とす

05年からはセキュリティシステムの単品売りだけでなく、自ら改装対象の不動産を取得、改装して転売する不動産事業も手掛けるようになり、事実上、不動産事業が主要事業になる。折からの不動産バブルも追い風となり、06年3月期以降は売上高、利益ともに大きく底上げされた。

07年6月には、東京・西麻布の1100坪の土地を約70億円で取得。購入原資はみずほ銀行からの50億円の借り入れと、不動産事業で稼ぎ出した20億円の自己資金だった。

不動産事業が業績に貢献したのも08年3月期が最後。09年3月期、10年3月期は売上高はほぼ保有不動産から上がる賃料収入のみとなり、大きく売上高を落とす。

70億円で買った西麻布の1100坪の土地は、10年7月に約39億円でテレビ朝日に売却され、同年9月までにすべての保有不動産の売却が完了するのだが、10年3月期、11年3月期の2期で処理した不動産の含み損は、実に60億円に上った。

それでもメッツが債務超過に陥らなかったのは、不動産の取得に相当額の自己資金を投入していたからだ。西麻布の物件も50億円の借り入れは約定弁済によって40億円弱まで減っていたため、その物件の売却で完済ができた。

借金こそ残らなかったが、すべての物件の売却で賃料収入もなくなり、今12年3月期は第3四半期(11年4~12月期)まで売り上げ計上はわずか15万円という状況だ。

上場時の公募で形成された強固な財務体質

メッツが”解散宣言”を出したのは、11年4~9月期(上期)決算発表と同日の昨年11月14日。人員削減は実施済みで、社員数はわずか2名。販管費は1カ月に1000万円くらいしかかからない。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT