解散・上場廃止宣言から一転、上場維持--マザーズ最古参銘柄、メッツのジェットコースター的軌跡

バランスシート上も、2億6000万円の現預金のほかは、宅地建物取引業の営業保証金1000万円、オフィスの入居保証金などの返還請求債権くらいしか換金性のある資産はないが、有利子負債はゼロ。

これ以上事業を継続しても現預金が減るだけだから、解散して残余資産を株主に分配する、というのだから、潔いといえば潔い。

ちなみに、メッツが有利子負債を背負ったのは、西麻布の物件を保有していた08年3月期から10年3月期までの3期間だけ。自己資本比率はこの3期間以外はほぼ100%に近い水準を維持している。

上場時の公募で調達した65億円と、05~08年に不動産事業で稼いだ15億円の合計80億円の大半を不動産事業の損失処理で失ったが、それでも債務超過にはならない、強固な財務体質が上場時の公募で形成されていたからこそ、法的整理を使わず、解散という形での手仕舞いが可能になったといえる。

さらに見方を変えると、投資家から集めたおカネがあったおかげで、不動産に融資をつけた銀行は100%の回収に成功したともいえよう。

倒産ではなく、解散で上場廃止になるケースは極めてまれだが、過去に例がないわけではない。直近の事例は1999年10月に上場廃止になった中堅繊維商社の立川。5期連続赤字で累損は16億7000万円に膨らんでいたものの、それでも純資産は32億円もあり、有利子負債もゼロ。自己資本比率は実に83.2%だった。

スポンサーの登場で、一転上場維持へ

ところが、その後事態は急展開する。今年1月30日開催の臨時株主総会で解散を決議し、2月14日には上場廃止となるはずだったメッツは、臨時株主総会開催4日前の1月26日に上場廃止を撤回した。スポンサーが登場したためだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT