解散・上場廃止宣言から一転、上場維持--マザーズ最古参銘柄、メッツのジェットコースター的軌跡

今期のメッツは第3四半期までの売上高がわずか15万円。会社側は「不動産売買で3月末までに何としても1億円の売上高は確保する」としている。

上場廃止イコール倒産というわけではないので、1億円の売り上げ達成ができなくても、株主がその地位を追われるわけではない。とはいえ、流動性の低下は吉野氏以外の少数株主にとっては痛い。

そもそも、上場当時の事業からはすべて撤退し、途中で始めた不動産事業も実質的に手仕舞い状態にあった会社に、上場企業として存続させる意義があるのか、という議論もあろう。上場を維持していれば、既存株主以外に新たな株主が付く。新スポンサーの下で復活に失敗すれば、その新たな株主が“被害者”になってしまう。

新たな被害者を出すことなく、成長して株主に還元ができる会社に変貌できなければ、上場存続は問題解決を先送りしただけ、ということになる。

とにもかくにも、まずは1億円の売上高計上が喫緊の課題だ。たった1億円、されど1億円。5月の決算発表が、上場廃止宣言にならないことを祈ろう。
 
◆メッツの業績予想、会社概要はこちら

日足株価 +画面クリックで詳細チャート表示・会員登録(無料)が必要です

(東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT