最大市場インド攻略へ苦闘する農機のクボタ

最大市場インド攻略へ苦闘する農機のクボタ

振り返れば、それは洗礼だった。2009年、初めてデリー空港に降り立った林繁雄・現クボタ農業機械インド社長は、思わず声を上げた。「トラクターが空港を走っている?!」

トラクターは作業器具を付け、田畑を耕すために使う「農機」である。だが、林氏のこの“常識”は一気に覆された。デリー空港内を走る大量のトラクターは、当然のように荷物を運搬していた。市内への道中、タクシーと並走する何台ものトラクター、牽引する運搬台車の上には10人以上がすし詰めで座っている。

この国ではトラクターは農機でなく、移動や運送の手段なのか──。大いなる成長市場のインドで「いざ売らん」と意気込んでいた林氏にとって、それは最初の衝撃だった。

最大市場のインド 襲いかかる数々の難問

農機で国内首位のクボタ。売上高1兆円(12年3月期、東洋経済予想)の7割を占めるのが機械事業でその中心が農機。機械事業の海外売上高比率は7割超、海外でも水田用の小型トラクターや田植え機、コンバインでの存在感はずば抜けている。


ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。