最大市場インド攻略へ苦闘する農機のクボタ

最大市場インド攻略へ苦闘する農機のクボタ

振り返れば、それは洗礼だった。2009年、初めてデリー空港に降り立った林繁雄・現クボタ農業機械インド社長は、思わず声を上げた。「トラクターが空港を走っている?!」

トラクターは作業器具を付け、田畑を耕すために使う「農機」である。だが、林氏のこの“常識”は一気に覆された。デリー空港内を走る大量のトラクターは、当然のように荷物を運搬していた。市内への道中、タクシーと並走する何台ものトラクター、牽引する運搬台車の上には10人以上がすし詰めで座っている。

この国ではトラクターは農機でなく、移動や運送の手段なのか──。大いなる成長市場のインドで「いざ売らん」と意気込んでいた林氏にとって、それは最初の衝撃だった。

最大市場のインド 襲いかかる数々の難問

農機で国内首位のクボタ。売上高1兆円(12年3月期、東洋経済予想)の7割を占めるのが機械事業でその中心が農機。機械事業の海外売上高比率は7割超、海外でも水田用の小型トラクターや田植え機、コンバインでの存在感はずば抜けている。


ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 買わない生活
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT