最大市場インド攻略へ苦闘する農機のクボタ

最大市場インド攻略へ苦闘する農機のクボタ

振り返れば、それは洗礼だった。2009年、初めてデリー空港に降り立った林繁雄・現クボタ農業機械インド社長は、思わず声を上げた。「トラクターが空港を走っている?!」

トラクターは作業器具を付け、田畑を耕すために使う「農機」である。だが、林氏のこの“常識”は一気に覆された。デリー空港内を走る大量のトラクターは、当然のように荷物を運搬していた。市内への道中、タクシーと並走する何台ものトラクター、牽引する運搬台車の上には10人以上がすし詰めで座っている。

この国ではトラクターは農機でなく、移動や運送の手段なのか──。大いなる成長市場のインドで「いざ売らん」と意気込んでいた林氏にとって、それは最初の衝撃だった。

最大市場のインド 襲いかかる数々の難問

農機で国内首位のクボタ。売上高1兆円(12年3月期、東洋経済予想)の7割を占めるのが機械事業でその中心が農機。機械事業の海外売上高比率は7割超、海外でも水田用の小型トラクターや田植え機、コンバインでの存在感はずば抜けている。


ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 今見るべきネット配信番組
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT