Snapchatの魅力、オジサンに理解できるか

30代以上には理解不能?

「マーケターとして、われわれは最新のプロダクツやテクノロジーに習熟しておかねばならない」と、ヒュージのソーシャル・ディレクターであるジョー・マカフィー氏は語る。「ソーシャルチームの全員が、すべてのプラットフォームの専門家になることを期待している」。

BBDOニューヨークでは、この夏にユニークなゲームに興じた。オフィスの全員を「Snapchat」に精通させようと、日々の日課に組み込ませたのだ。「Snapchat」の24時間消えない「ストーリーズ機能」を使って、毎日異なるお題に関する体験談やエピソードを投稿する試験を実施。このテストには100人超の従業員が参加し、最終的に「BBDOストーリーズ」と呼ばれた1本のハイライト映像にまとめあげられた。

「新しいテクノロジーで絶えず戦い、自分たちのカルチャーの一部とさせるのは重要だ」と、BBDOのインテグレーテッドプロダクション部門のディレクターを務めるデビッド・ロルフ氏は話す。「これほど多くの人が使いこなしているのに、われわれ自身が専門家でなかったらどうなってしまうのだろう。研修して学び、そこから得た知識やノウハウをクライアントにお届けするべきではないか」

どんなプラットフォームも使いこなす

「Snapchat」だけが牽引役ではないかもしれない。だが、さまざまなタッチポイントを統合したキャンペーンを視野に入れるクライアントにとって、大きな判断材料になるという点では、各社の役員は同意している。

たとえば、オムニコムグループのクリエイティブエージェンシーDDB。位置情報によるフィルタリングしたコンテンツなどを制作する「ソーシャルコンテンツ開発」では、社内のクリエイティブチームの役割を拡張した。また、メカニズム(Mekanism)のようなエージェンシーが、ソーシャルメディア動画を扱うベンチャーであるエピック・シグナル(Epic Signal)を買収したのも、こうした理由による。

しかし、「Snapchat」への一点張りではなさそうだ。「『Snapchat』は、メディアムーブメントの一部である。そう認識しておくのが大事だ」と、ハヴァスのソーシャルマーケティング担当ディレクターであるラリー・ラック氏は語った。「プラットフォームに盛衰はつきものだ。だから1つのプラットフォームにすべてを賭けるつもりなら、『そんなことで大丈夫か?』という話になるだろう」

Tanya Dua(原文 / 訳:南如水)

DIGIDAY[日本版]の関連記事
再生開始から3秒で、7割がスキップ? 「動画広告」の課題を浮き彫りにした、Snapchatの事例
広告クリエイティブ部門、一番「ウザい職種」は何?:失業中コピーライター(54歳)の告白
「タテ型動画」の時代が到来! スマートフォン発の新しい動画視聴スタイル

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 人生100年時代を生き抜く働き方
  • トランプ派メディアの実態
  • 男性学・田中俊之のお悩み相談室
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
過熱! プログラミング教室<br>2020年度小学校必修化迫る

公教育への導入を目前に、プログラミング教室が急成長を遂げている。学習塾やIT企業だけではない。家電量販店や玩具メーカー、鉄道会社など異業種からも続々参入、供給過剰感も強まる。講師不足という問題も深刻に。