国民番号制(マイナンバー)導入まで3年、交錯する期待と不安

国民番号制(マイナンバー)導入まで3年、交錯する期待と不安

国民1人ひとりに番号を割り振って、税や社会保障関連の情報をまとめて管理する社会保障・税番号(いわゆるマイナンバー)の2015年1月の運用開始まで3年を切った。今月14日に今通常国会に提出する法案が閣議決定され、自民党政権時代から検討されてきた構想の実現に向け、大きく前進した。

社会保障・税番号とは、国民一人ひとりに唯一の番号を割り振り、それを利用して、複数の行政機関が保有している国民の個人情報をヒモ付けし、行政機関や民間企業が活用できるようにする仕組みのことだ。

日本年金機構や国税庁、地方自治体などの保有している税金や社会保障関係の情報が、番号制導入によって名寄せされ、突き合わせられる。身分証明書兼自己情報をコントロールするツールとして、国民全員に番号カードも配布される。その結果、表のようなことが可能になると期待されている。 

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • コロナショック、企業の針路
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。