国民番号制(マイナンバー)導入まで3年、交錯する期待と不安

国民番号制(マイナンバー)導入まで3年、交錯する期待と不安

国民1人ひとりに番号を割り振って、税や社会保障関連の情報をまとめて管理する社会保障・税番号(いわゆるマイナンバー)の2015年1月の運用開始まで3年を切った。今月14日に今通常国会に提出する法案が閣議決定され、自民党政権時代から検討されてきた構想の実現に向け、大きく前進した。

社会保障・税番号とは、国民一人ひとりに唯一の番号を割り振り、それを利用して、複数の行政機関が保有している国民の個人情報をヒモ付けし、行政機関や民間企業が活用できるようにする仕組みのことだ。

日本年金機構や国税庁、地方自治体などの保有している税金や社会保障関係の情報が、番号制導入によって名寄せされ、突き合わせられる。身分証明書兼自己情報をコントロールするツールとして、国民全員に番号カードも配布される。その結果、表のようなことが可能になると期待されている。 

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「合法薬物依存」の深い闇
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。