国民番号制(マイナンバー)導入まで3年、交錯する期待と不安

国民番号制(マイナンバー)導入まで3年、交錯する期待と不安

国民1人ひとりに番号を割り振って、税や社会保障関連の情報をまとめて管理する社会保障・税番号(いわゆるマイナンバー)の2015年1月の運用開始まで3年を切った。今月14日に今通常国会に提出する法案が閣議決定され、自民党政権時代から検討されてきた構想の実現に向け、大きく前進した。

社会保障・税番号とは、国民一人ひとりに唯一の番号を割り振り、それを利用して、複数の行政機関が保有している国民の個人情報をヒモ付けし、行政機関や民間企業が活用できるようにする仕組みのことだ。

日本年金機構や国税庁、地方自治体などの保有している税金や社会保障関係の情報が、番号制導入によって名寄せされ、突き合わせられる。身分証明書兼自己情報をコントロールするツールとして、国民全員に番号カードも配布される。その結果、表のようなことが可能になると期待されている。 

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT