国民番号制(マイナンバー)導入まで3年、交錯する期待と不安

拡大
縮小
国民番号制(マイナンバー)導入まで3年、交錯する期待と不安

国民1人ひとりに番号を割り振って、税や社会保障関連の情報をまとめて管理する社会保障・税番号(いわゆるマイナンバー)の2015年1月の運用開始まで3年を切った。今月14日に今通常国会に提出する法案が閣議決定され、自民党政権時代から検討されてきた構想の実現に向け、大きく前進した。

社会保障・税番号とは、国民一人ひとりに唯一の番号を割り振り、それを利用して、複数の行政機関が保有している国民の個人情報をヒモ付けし、行政機関や民間企業が活用できるようにする仕組みのことだ。

日本年金機構や国税庁、地方自治体などの保有している税金や社会保障関係の情報が、番号制導入によって名寄せされ、突き合わせられる。身分証明書兼自己情報をコントロールするツールとして、国民全員に番号カードも配布される。その結果、表のようなことが可能になると期待されている。 

関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT