異例のFCビジネス参入、ワールドがはじく勝算

異例のFCビジネス参入、ワールドがはじく勝算

大手アパレルのワールドがフランチャイズ(FC)事業に参入する。低価格の衣料・雑貨をそろえたブランド「シューラルー」のFCを3月に開始。4月からの1年間で30店の出店を目指す。

売上高3000億円超のワールドは「アンタイトル」や「タケオキクチ」など高価格から低価格まで100を超すブランドを擁す。百貨店からショッピングセンター(SC)に至るまで幅広く店舗を展開するが、FCは初の試みだ。

アパレル業界でFCに積極的に取り組む企業は少ない。シューラルーの競合となるポイントやハニーズなどは直営にこだわる。国内に800店以上あるユニクロもFCは20店にすぎず、今期出店も1店にとどまる。「店頭の生の声を聞けず、商品開発力が落ちる」(カジュアル衣料チェーン)、「接客や陳列に統一感がなくなり、ブランドイメージの毀損につながる」(大手アパレル)など、デメリットが大きいとされるためだ。

ことワールドに対しては「1990年から2000年にかけ、卸から直営店へと転換してきたのに、今FCをやるのは時代に逆行する」と首をひねる業界関係者もいる。

それでもFCに乗り出すのは「手薄な地方都市にコストをかけずスピーディに出店できる」(ワールド)からだ。

ワールドの主な販売ルートは百貨店と大型SC。だが百貨店は市場が縮小しており、拡大を続けてきた大型SCも飽和状態。ワールドの業績も11年3月期まで3期連続で減収減益となっている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ベテラン車両の肖像
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT