異例のFCビジネス参入、ワールドがはじく勝算

異例のFCビジネス参入、ワールドがはじく勝算

大手アパレルのワールドがフランチャイズ(FC)事業に参入する。低価格の衣料・雑貨をそろえたブランド「シューラルー」のFCを3月に開始。4月からの1年間で30店の出店を目指す。

売上高3000億円超のワールドは「アンタイトル」や「タケオキクチ」など高価格から低価格まで100を超すブランドを擁す。百貨店からショッピングセンター(SC)に至るまで幅広く店舗を展開するが、FCは初の試みだ。

アパレル業界でFCに積極的に取り組む企業は少ない。シューラルーの競合となるポイントやハニーズなどは直営にこだわる。国内に800店以上あるユニクロもFCは20店にすぎず、今期出店も1店にとどまる。「店頭の生の声を聞けず、商品開発力が落ちる」(カジュアル衣料チェーン)、「接客や陳列に統一感がなくなり、ブランドイメージの毀損につながる」(大手アパレル)など、デメリットが大きいとされるためだ。

ことワールドに対しては「1990年から2000年にかけ、卸から直営店へと転換してきたのに、今FCをやるのは時代に逆行する」と首をひねる業界関係者もいる。

それでもFCに乗り出すのは「手薄な地方都市にコストをかけずスピーディに出店できる」(ワールド)からだ。

ワールドの主な販売ルートは百貨店と大型SC。だが百貨店は市場が縮小しており、拡大を続けてきた大型SCも飽和状態。ワールドの業績も11年3月期まで3期連続で減収減益となっている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 北朝鮮ニュース
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。