キヤノン“御手洗王国” 76歳で異例の社長復帰

既定路線との声も

 

また生駒俊明副社長も、日本テキサス・インスツルメンツ社長時代の実績を高く評価し、御手洗会長が引き抜いてきた人材。経営陣には、今も“御手洗色”が強い。

08年の世界同時不況で大きく落ち込んだとはいえ、キヤノンの営業利益は11年度も3780億円と、日本の製造業では屈指の高さ。一方で、カメラ、事務機に次ぐ新たな成長源の育成が課題だ。

次世代ディスプレーとして00年代に社運を懸けて挑んだSED(表面電界ディスプレー)テレビは量産化に苦戦し頓挫。現在、第3の柱として医療機器事業に注力し、「15年に売上高1000億円」の目標を掲げているが、その達成もかなり厳しいとみられる。

キヤノンは、中期経営計画の新年度となる16年をメドに、若返りを図ることを明らかにした。御手洗氏は現在、76歳。後継者育成は喫緊の課題だ。御手洗氏と同郷の大分県出身で、同じ中央大学卒業、キヤノンUSA社長という経歴まで同じ、足達洋六専務(64)が、最有力と目されている。

キヤノンの“天皇”として君臨する御手洗氏。新事業と後継者の育成という、最後の宿題に片をつけられるか。

キヤノンの業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示 <会員登録(無料)が必要です>]


(伊藤崇浩 撮影:尾形文繁 =週刊東洋経済2012年2月11日号)

記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 今見るべきネット配信番組
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ゴーン氏の知力と行動力に<br>日本政府は完敗した

佐藤優氏の連載「知の技法 出世の作法」第613回の題材は、カルロス・ゴーン被告のレバノン逃亡事件です。ゴーン氏にしてみれば逃亡を選択したのは合理的な判断で、問題は日本の出入国管理が突破されたことにあると指摘しました。