キヤノン“御手洗王国” 76歳で異例の社長復帰

既定路線との声も

キヤノン“御手洗王国” 76歳で異例の社長復帰

経団連会長も務めたキヤノンの御手洗冨士夫会長が3月末、再び社長に復帰する。2006年に内田恒二氏に譲ってから、6年ぶりとなる社長の座。会社によると、突然の復帰は「内田社長本人から(辞任の)強い申し出があった」(田中稔三副社長)ためという。11年度決算会見の席上で、田中副社長は「世代交代を急ぐより、ベテランの力を結集する」と“大政奉還”の意義を強調した。

「今回の復帰は既定路線だ」。突然の発表に、事情を知る関係者は証言する。御手洗氏は多忙な経団連会長の座に就くため、内田氏に禅譲したものの、毎日早朝から東京・大田区の本社で開かれる恒例の「朝会」には頻繁に出席。社長以下役員らに経営上の指示を出し、「新規事業も含め、内田社長の在任中も、実質的に指揮を執っていたのは御手洗氏だった」という。

大分出身者を優遇?

同氏のキヤノン社内での威光は絶大だ。叔父で医者の毅氏はキヤノン創設メンバーの一人。自身も不振のパソコン事業からの撤退や財務体質の強化を進め、日本を代表する優良企業へと高めた。

10年間社長を務めた後、故郷である大分・蒲江町の隣町、旧佐伯市出身の内田氏を後継者に指名。両氏は地元の名門、佐伯鶴城高校の先輩、後輩の仲でもある。

ある中堅幹部は「この会社には地域閥が根強くある。御手洗さんの故郷、大分の出身者が優遇されがち。学閥よりタチが悪い」と不満を漏らす。

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT