なぜエアバスは日本政府に激怒しているのか

不透明すぎる日本の防衛調達の問題点

防衛省は平成28年(2016)度予算概算要求において、シコルスキーのUH-60の派生型である海上自衛隊の哨戒ヘリSH-60Kを17機と、同じく空自の救難ヘリUH-60J改を8機一括調達すると発表した。調達予算は両機種合計25機で1032億円。量産によって調達費用を約154億円、約10%の縮減できるとしている。

空自のUH-60J改だけみれば、要求金額は8機354億円となっており、調達単価は44.25億円である。海自のSH-60Kと同率の削減であるならば、当初の調達予定単価は約49.17億円となる。

だが同機の導入初年度(平成23年度)の調達は3機で123億円、調達単価は41億円、その後もおおむね40億円程度で推移している(平成26年度は1機、49億円)。大量調達によって調達単価は下がってはいない。それどころか上昇しているのである。当初の調達予定単価23.75億円は一体何だったのだろうか。

不透明な商戦は以前からあった

問題は根深いため、古い話についても振り返っておく必要がある。1990年代末の空自の練習機商戦も不透明だった。この商戦では富士重工案がT-7として採用されたが、平成24年(2012)度の会計監査院は空自が導入した初等練習機T-7が、2003年度の導入からの17年間で約21億8300万円と見積もられていた整備費用が、実際には10年度までの8年間ですでに約18億2500万円と全体の約8割に達していたとして、改善を求めている。

この報告書をみるとIRAN費用だけは想定よりも安くなっているが、他の費用は軒並み当初の目論見よりも跳ね上がっている。特に富士重工の子会社に発注した整備委託費用が約2倍となっている(会計検査院法第30条の2の規定に基づく報告書:PDF)。

報告書は「整備作業は全体の約46%であって、過半の整備作業は見積りの対象とされていないものであった」と述べている。空自が意図的にIRAN以外の費用を見積もりの対象から外していたことが疑われる。つまり、これまたはじめに富士重案採用ありきの官製談合が疑われる。

このようなT-7をめぐる不透明、フェアとは言えない採用があり、その後の空自の救難ヘリ調達でも、採用されたUH-60J改良型の機体単価が当初予定から遥かに上回っている。空自の体質は変わらないと思われても仕方あるまい。

次ページ偵察ヘリ「OH-1」の採用は決まっていた
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「若き老害」常見陽平が行く サラリーマン今さら解体新書
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
知られざる自動車部品サバイバル<br>ドイツ3強vs.トヨタグループ

世界の自動車部品業界をリードする日独のメガサプライヤー。ZF、ボッシュ、コンチネンタルと、トヨタグループ最大手のデンソーを集中的に取材。CASE(つながる化、自動運転、シェアリング、電動化)の荒波を越え勝ち抜くのはどこか。

  • 新刊
  • ランキング