O2Oビジネスの原動力、ソーシャルメディアによる消費社会の再構築《O2Oビジネス最前線・黎明期を迎えた新・消費革命 第3回》


現在は、ソーシャルメディアとスマートフォンにより、上記の大量消費社会が解体され、新しい消費社会へ再構築されようとしている。人と人の共感をベースにした新しい購買慣習が形成される。若い世代を中心に自分の情報をリアルタイムにオープンにし、時間の過ごし方、趣味・嗜好を広く共有し合うという新しいライフスタイル、価値観が形成されている。

ソーシャルメディアを使って形づくられる消費者の集合知によって、企業より消費者が力を持つ時代に変わろうとしている。

O2Oビジネスの原動力となるソーシャルメディアは、新しい消費行動を生み出し、消費社会を再構築する可能性を秘めている。企業は、ソーシャルメディアの特性を十分に理解し、消費者と誠実に対話し、企業価値を高めていくことが必要だ。

(ITアナリスト・松浦 由美子 =東洋経済オンライン)

写真はイメージです。本文とは関係ありません
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 若者のための経済学
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT