O2Oビジネスの原動力、ソーシャルメディアによる消費社会の再構築《O2Oビジネス最前線・黎明期を迎えた新・消費革命 第3回》



 
 企業は、消費者と双方向のコミュニケーションを取り、消費者のお気に入り企業になり、長い良好な関係を築くことが大切であると説く。まさに「口説くのではなく愛される」姿勢が重要なのだ。

さらに佐藤氏は、企業も「人と人のつながりに、『人』として入っていく」必要があると述べている。企業は「人」として丁寧に誠意を持って対応し、ソーシャルメディア上の共感につなげる必要がある。

スーザン・ストラッサーは、『欲望を生み出す社会』(東洋経済新報社刊)で、米国で19世紀末から始まった大衆消費社会の誕生を描いている。ストラッサーは、「購買習慣には公的な原因と公的な結果が伴っている」と述べている。
 
 個人がプロモーションやキャンペーンなどで、伝統的な手作りの古い製品を捨て、大量生産された新しい製品に買い替えるような消費行動は、個人的な価値観のみに起因するものではなく、米国政府や企業により、巧妙に仕組まれた大量消費社会の枠組みによるものだとする。

大量消費社会の枠組みは、日々の習慣、時間の過ごし方といった実に個人的なライフスタイル、価値観にまで影響を及ぼしたことを示唆している。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ブックス・レビュー
  • 最新の週刊東洋経済
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT