ロシアがシリア飛行場に戦車を配備

米国防総省「基地設置の動き」と警戒

 9月14日、シリア内戦への関与を強めるロシアの動きに関連して、米当局者は、シリアのラタキア近郊の飛行場でロシア軍の戦車7台が確認されたと明らかにした。写真はロシア軍の戦車。モスクワで5月撮影(2015年 ロイター/Sergei Karpukhin)

[ワシントン 14日 ロイター] - シリア内戦への関与を強めるロシアの動きに関連して、米当局者は14日、シリアのラタキア近郊の飛行場でロシア軍の戦車7台が確認されたと明らかにした。

当局者によると、戦車のほかにミサイル発射台も配備された。同飛行場に派遣されたロシア軍兵士を防衛するためとみられるという。

デービス国防総省報道部長は会見で、ラタキア近郊にロシア軍が人員などを派遣していることが確認されており、「前方作戦基地を設置する」計画を示唆していると述べた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT