ロシアがシリア飛行場に戦車を配備

米国防総省「基地設置の動き」と警戒

 9月14日、シリア内戦への関与を強めるロシアの動きに関連して、米当局者は、シリアのラタキア近郊の飛行場でロシア軍の戦車7台が確認されたと明らかにした。写真はロシア軍の戦車。モスクワで5月撮影(2015年 ロイター/Sergei Karpukhin)

[ワシントン 14日 ロイター] - シリア内戦への関与を強めるロシアの動きに関連して、米当局者は14日、シリアのラタキア近郊の飛行場でロシア軍の戦車7台が確認されたと明らかにした。

当局者によると、戦車のほかにミサイル発射台も配備された。同飛行場に派遣されたロシア軍兵士を防衛するためとみられるという。

デービス国防総省報道部長は会見で、ラタキア近郊にロシア軍が人員などを派遣していることが確認されており、「前方作戦基地を設置する」計画を示唆していると述べた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。