ロシアがシリア飛行場に戦車を配備

米国防総省「基地設置の動き」と警戒

 9月14日、シリア内戦への関与を強めるロシアの動きに関連して、米当局者は、シリアのラタキア近郊の飛行場でロシア軍の戦車7台が確認されたと明らかにした。写真はロシア軍の戦車。モスクワで5月撮影(2015年 ロイター/Sergei Karpukhin)

[ワシントン 14日 ロイター] - シリア内戦への関与を強めるロシアの動きに関連して、米当局者は14日、シリアのラタキア近郊の飛行場でロシア軍の戦車7台が確認されたと明らかにした。

当局者によると、戦車のほかにミサイル発射台も配備された。同飛行場に派遣されたロシア軍兵士を防衛するためとみられるという。

デービス国防総省報道部長は会見で、ラタキア近郊にロシア軍が人員などを派遣していることが確認されており、「前方作戦基地を設置する」計画を示唆していると述べた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
楽天の通信事業<br>狙いと勝算をすべて話そう

2019年10月、第4の通信会社として自前回線でのサービスを開始する楽天。今回の通信参入プロジェクトを「神がかりのショット」続きだったと話す三木谷浩史会長兼社長。その真意とともに、狙いや勝算、世界を見据えた成長戦略を聞いた。