ロシアがシリア飛行場に戦車を配備

米国防総省「基地設置の動き」と警戒

 9月14日、シリア内戦への関与を強めるロシアの動きに関連して、米当局者は、シリアのラタキア近郊の飛行場でロシア軍の戦車7台が確認されたと明らかにした。写真はロシア軍の戦車。モスクワで5月撮影(2015年 ロイター/Sergei Karpukhin)

[ワシントン 14日 ロイター] - シリア内戦への関与を強めるロシアの動きに関連して、米当局者は14日、シリアのラタキア近郊の飛行場でロシア軍の戦車7台が確認されたと明らかにした。

当局者によると、戦車のほかにミサイル発射台も配備された。同飛行場に派遣されたロシア軍兵士を防衛するためとみられるという。

デービス国防総省報道部長は会見で、ラタキア近郊にロシア軍が人員などを派遣していることが確認されており、「前方作戦基地を設置する」計画を示唆していると述べた。

関連記事
トピックボードAD
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 性暴力サバイバーの明日
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
大停電の北海道電力<br>情報開示を豪州に学べ

大地震をきっかけに、北海道全域で大規模停電が発生した。電力復旧は急ピッチだが、情報開示への消極姿勢は疑心暗鬼を招いた。2年前に大停電が起きた豪州の事例に学ぶ点が多い。