覇権奪取を目指すFacebook動画の新事実

王者YouTubeを撃墜できるか

YouTubeにおける動画共有のエコシステム構築が始まったのは、2011年。投資された予算は、米DIGIDAYの記事によると、累計1億ドルという。まず、世界中で現れた「YouTuber(ユーチューバー)」という新しいスターに着目した。日本では「はじめしゃちょー」「HIKAKIN」による、大型キャンペーン「好きなことで、生きていく」は記憶に新しい。

さらにYouTubeは、コンテンツ制作者を支援し、人気「YouTubeチャンネル」の確立を進めた。2014年11月には、ニューヨーク・マンハッタンに、チャンネル登録者数5000人超のクリエイター専用のスタジオを設立。最高の機材とスタジオが利用できる一方、ビデオによる広告収入の45%はYouTubeに収めるルールで開放している。

加えて、YouTubeなどをテレビで楽しめるデバイス「Chromecast(クロームキャスト)」をリリース。配信インフラを独自の手法で拡大した。タレントに脚光を当て、製作者を支援し、独自の放送インフラを提供する。これは新しい「テレビ」システムの創造と言えるだろう。

意外な伏兵、挑戦者Facebook

しかし、独占はかなわない。強力な対抗馬が現れた。Facebookの動画が、潜在的な可能性を示したのは、2014年夏に世界中で流行した、氷水をかぶるゲーム「アイス・バケツ・チャレンジ」である。このゲームの動画は、YouTubeではなく、Facebook上で、1700万回シェアされた。

Facebookユーザーの視点では、FacebookビデオはYouTubeより使いやすい。YouTubeを経由しなければ、シェアは格段に簡単になる。また、このムーブメントには、次にチャレンジする相手を指名するというルールがあった。それがソーシャル・ネットワークという、人をつなげるプラットフォームにハマったのだろう。

Facebookの月間アクティブユーザー数(MAU)は、2015年6月30日時点で14億9000万人。これを同社の動画プラットフォームに誘導している。実際、Facebookの動画がYouTubeユーザーを飲み込んでいるという統計も存在する。

2015年のcomScore調査によると、同年7月時点でYouTubeのユニークビューワー数(デスクトップ視聴のみ)は16億9219万、Facebookのユニークビューワー数(同)は8億9357万と追い上げている。また、socialbaker調査によれば、2014年11月にウェブ上に投稿された動画の内訳で、Facebook動画がYouTubeを追い抜いたという。

画像を拡大
各サービスに投稿された動画数の推移を示すsocialbakersの調査

米国のブランド企業はFacebook動画を「発見」した。2014年3月から導入されていたニュースフィード内の動画広告に、2015年初頭から広告主が殺到。良質なユーザーデータを保有するFacebookは、ターゲティングをさらに洗練できると主張している。

次ページしかしFacebookにも弱みが
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。