覇権奪取を目指すFacebook動画の新事実

王者YouTubeを撃墜できるか

追い込みをかけるようにFacebookは、コンテンツ製作者への収入分配比率をYouTubeと同じ55%に設定。YouTubeの製作者を引き抜こうとしているのだろう。だが、まだ主要なパブリッシャーは、両方へコンテンツ提供するところがほとんどだ。加えて、Facebookにも弱みがある。動画の再生カウント方法が不透明なことに加え、海賊版がはびこり、YouTubeコンテンツの無断転載が相次いでいるのだ。

争点は「ビューアビリティ」という新指標

特に判断が難しいのは、フィード内動画広告のオートプレイ(自動再生)である。画面に表示された途端に自動再生する動画は、実際に視聴していない人までカウントしている可能性があると、広告主は不満を持っているという。YouTubeは、そのFacebookが展開する動画広告の「不透明性」を執拗に責め立てている。争点は「ビューアビリティ(Viewability)」だ。

これは「全米広告主協会(IAB)」が定めた指標で、モニター上に動画枠が50%以上表示されたうえ、最低2秒間以上再生されることで、動画広告が有効に機能したものと判断するもの。要は、Facebookのフィード上で動画広告が流れてきても、即座に画面をスクロールされてしまったら、広告としての意味がないということである。

ちなみに、YouTubeのコンテンツ視聴前に流す「プレロール広告」と呼ばれる動画広告メニューには、ふたつの種類がある。全体の85%を占めるスキップ可能の「TrueView広告」 と、最後まで視聴しなくてはいけない通常広告だ。

Googleが提示する一般の動画広告(左)とYouTubeの動画広告(右)の「ビューアビリティ(Viewability)」

加えて、Googleは2015年5月の発表文書で、一般的なデスクトップ上の動画広告では「ビューアビリティ」は53%だが、YouTubeでは87%に達していると主張。さらに動画広告のそれは、モバイルのほうが高まる傾向があり、YouTubeに限れば94%に上るとGoogleは高らかにうたいあげる。

いまだにGoogleは、YouTubeの広告収入の内訳を公表していないが、動画広告の成長は約束されている。投資銀行ルマ・パートナーズの試算では2016年、広告動画市場は前年比34%の成長を遂げ、約100億ドル(約1兆2300億円)に達するという。そこにFacebookがどのように絡んでくるのか、注目したい。

(文:吉田拓史) 

DIGIDAY[日本版]の関連記事
「タテ型動画」の時代が到来! スマートフォン発の新しい動画視聴スタイル
眠った金脈は250億ドル!? 「モバイル広告」の明暗を示す5つの予測
ニュースメディア化に拍車がかかるFacebook。その影響力を示す5つのグラフ

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型ジムニー買っちゃった
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 最新の週刊東洋経済
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『0から1をつくる』を書いた<br>カーリング本橋麻里氏に聞く

カーリング人気萌芽の時代から、平昌五輪での銅メダル獲得まで戦い抜いてきた著者。リーダーとして代表チームを率いつつ、人生の一部としてカーリングを楽しめるにまで至った軌跡や、ママさんカーラーとして子育てで得た学びなどを語る。