フェイスブックの秘書機能は「人力」だった

機械のみのアップルやグーグルとは差別化

フェイスブックは、パーソナルアシスタント機能を準備していることを明らかにした

[サンフランシスコ(ロイター)] - Facebook(フェイスブック)は、同社のMessenger(メッセンジャー)サービス内で「M」と呼ばれるパーソナルアシスタント機能の試験をしている。これはユーザーの要求に対し、生きた人間の力で対応するというもの。質問に答える、オンラインでギフトを購入する、レストランを予約する、といった種類のタスクを実行してくれる。

「Mは、人間によって磨かれた人工知能を搭載している」。メッセージングサービスを担当するデイビッド・マーカス副社長は、26日に自身のフェイスブックページにこのように書いた。

アップルのSiriは、グーグルのグーグル・ナウ、マイクロソフトのコルタナのようなライバルのサービスは、ユーザーの質問に答える方法を、完全に技術に依存している。その点、MはAIと人力のハイブリッドだ。この新機能は、「Mトレーナー」と呼ばれる顧客サービスを専門とするフェイスブック社員のチームによって支えられている。彼らは旅行の手配やアポイントメントの調整などを行うことができるチームだ。

メッセンジャーはこれまでに7億人以上のユーザーに利用されている。これまでに、メッセンジャーにはいくつかの機能を加えてきた。今年初めには、メッセンジャー専用のゲーム、直接消費者と対話できる企業向け製品を明らかにしている。

執筆:Yasmeen Abutaleb、編集:Richard Chang

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 住みよさランキング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT