Airbnbでは「性的暴行」の被害が起きている

他人の家に宿泊するときの注意点は?

ジェイコブ・ロペスは滞在先のマドリードで、Airbnbのホストから性的被害を受けたことを語ってくれた(写真:Gretchen Ertl/The New York Times)

7月4日の夕方、ミカエラ・ジャイルスの携帯電話から緊急事態を知らせる音が聞こえ始めた。そして、ホラー映画のようなメッセージがいくつも画面に現れてきた。

メッセージは、彼女の19歳になる息子からだった。マドリードのAirbnb(エアビーアンドビー)のホスト(部屋の貸主)が、集合住宅の4階の部屋に彼を閉じ込めカギをかけたというのだ。息子はその部屋に宿泊する予定だった。息子のメッセージによると、ホストはまだ部屋の外にいて、台所の引き出しでナイフをガチャガチャいわせながら、性的行為に応じるよう迫っているという。息子は母親に助けを求めていた。

閉じ込められた息子…誰も助けてくれない

母親はAirbnbに電話をかけた。だが、同社の従業員は息子の宿泊先の住所を教えず、警察に電話をしようともしなかった。彼らは母親にマドリード警察の電話番号を伝え、住所を知りたいなら、マドリード警察からAirbnbに電話をしてもらうようにと言った。だが彼女によると、その番号に何度かけても、スペイン語のメッセージが流れるだけで電話は切れてしまったという。そして、Airbnbの窓口に繰り返し電話をかけると、しまいには留守番電話のメッセージが応答するようになった。

息子のジェイコブ・ロペスによると、その晩、彼は性的暴行を受けたという。最終的には、彼は自分を解放するようホストを説得した。今はマサチューセッツ州の自宅に戻って、心的外傷を癒すセラピーを受けている。

ホストは男性として生まれたが女性として生活している人物で、ロペスの訴えを否認している。彼女はロペスを脅してはいないとし、性的行為も合意の上だったと話した。しかし、仮に彼女が正しかったとしても、ロペスが警察にウソの報告をしたり、自分の体験を公表したりすることで、悔やまれる経験を葬り去ろうとするとは考えにくい。

だが、ここで問うべき問題はAirbnbについてだ。同社は顧客の安全に関して、どの程度の責任を負うつもりがあるのだろうか。Airbnbは顧客を「ゲスト」と呼び、自社独自の安全対策と接遇を実施している。だが、ロペスのケースでは、Airbnbは一般的なホテルの対応とは異なる行動を取った。つまり、誰かを派遣してロペスの様子を見に行かせるのではなく、ロペスの母親にその責任を押し付けたのだ。

次ページシェア・エコノミーがシェアしているのは「リスク」
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT