Facebook、次はあのホットビジネスへ進出?

すでに大手各社と予備協議を実施

4人の事情通によると、Facebookは最近、音楽レーベルの主要各社と予備的な協議を行った(写真:2015年3月25日 Jim Wilson / The New York Times)

ここ数年間、FacebookはじわじわとYouTubeの動画勢力圏を侵食してきた。バズフィード、ヴァイスなどで人気の動画コンテンツを紹介し、ユーザーによる投稿動画も増やしている。そうして今またYouTubeの得意分野を狙うことを検討している。ミュージックビデオだ。

Facebook、音楽配信サービスに新たな動き?

匿名で取材に応じた4人の事情通によると、Facebookは最近、音楽レーベルの主要各社と予備的な協議をした。Facebook利用者のフィードにミュージックビデオを挿入するライセンス契約に向けての打ち合わせだ。

Facebookはレーベル側が選んだ限定数の音楽動画を載せることを提案したという。近く開始して年末まで反響を確かめたいとのことだ。広告収入はFacebookとレーベルの間で分割する。

この件を最初に詳しく報じたのはビルボード誌だったが、Facebookはその動画に関する企画についてコメントすることを拒否した。ただし情報サイトのミュージック・アライが伝えた件についてFacebookは否定している。ミュージック・アライによると、Facebookはアップル・ミュージックやスポティファイのような音楽ストリーミングに取り組もうとしているということだった。

「音楽ストリーミングに参入する計画はない」とFacebookの代表者は述べた。Facebookの計画はまだ初期段階にあるという。だがレーベル各社と協議したからには、動画提供を拡大してYouTubeと張り合う気なのだろう。なにしろネット動画大手のYouTubeにとって、一番人気のコンテンツは音楽動画だ。

世界にユーザー14億人という規模のFacebookは、ネット上に君臨するYouTubeに本気で対抗できる数少ない存在だと、メディア企業幹部らは言う。

次ページYouTubeを脅かす存在になるか?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • 検証!ニッポンの労働
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。