Facebook、次はあのホットビジネスへ進出?

すでに大手各社と予備協議を実施

4人の事情通によると、Facebookは最近、音楽レーベルの主要各社と予備的な協議を行った(写真:2015年3月25日 Jim Wilson / The New York Times)

ここ数年間、FacebookはじわじわとYouTubeの動画勢力圏を侵食してきた。バズフィード、ヴァイスなどで人気の動画コンテンツを紹介し、ユーザーによる投稿動画も増やしている。そうして今またYouTubeの得意分野を狙うことを検討している。ミュージックビデオだ。

Facebook、音楽配信サービスに新たな動き?

匿名で取材に応じた4人の事情通によると、Facebookは最近、音楽レーベルの主要各社と予備的な協議をした。Facebook利用者のフィードにミュージックビデオを挿入するライセンス契約に向けての打ち合わせだ。

Facebookはレーベル側が選んだ限定数の音楽動画を載せることを提案したという。近く開始して年末まで反響を確かめたいとのことだ。広告収入はFacebookとレーベルの間で分割する。

この件を最初に詳しく報じたのはビルボード誌だったが、Facebookはその動画に関する企画についてコメントすることを拒否した。ただし情報サイトのミュージック・アライが伝えた件についてFacebookは否定している。ミュージック・アライによると、Facebookはアップル・ミュージックやスポティファイのような音楽ストリーミングに取り組もうとしているということだった。

「音楽ストリーミングに参入する計画はない」とFacebookの代表者は述べた。Facebookの計画はまだ初期段階にあるという。だがレーベル各社と協議したからには、動画提供を拡大してYouTubeと張り合う気なのだろう。なにしろネット動画大手のYouTubeにとって、一番人気のコンテンツは音楽動画だ。

世界にユーザー14億人という規模のFacebookは、ネット上に君臨するYouTubeに本気で対抗できる数少ない存在だと、メディア企業幹部らは言う。

次ページYouTubeを脅かす存在になるか?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT