「AppleMusic」は、本当に魅力的なサービスか

無料慣れした世代にとっては古くさい

WWDC2015の基調講演で、「ワンモアシング」として最後に発表されたApple Music。写真はアップルのティム・クックCEO

アップルが6月9日に開発者会議(WWDC2015)で発表した新しい音楽サービス「Apple Music」は、6月30日からスタートし、世界100カ国で展開される、定額制音楽サービスだ。米国では個人で月額9.99ドル、6人までの家族プランは月額14.99ドルだ。なお登録後3カ月は無料で利用できる。

例えば夫婦2人でiPhoneを使っているなら、家族プランを契約した方が月々5ドルずつ費用が浮く。また、夫婦が月に1枚ずつアルバムを買っていたとしたら、半額であらゆる音楽へのアクセスが可能になり、これまで「音楽を買っていた人たち」にとって、コストと自由さというメリットが大きいことが分かる。

iPhone、iPadはiOSの新バージョンであるiOS 8.4で、MacとWindowsではiTunesの最新版で、それぞれApple Musicにアクセスできる。また、アップルとしては異例の、Android向けApple Musicアプリを秋に準備している。

落ち込んだiTunes

アップルはiPodとiTunesで音楽ビジネスをデジタル化し、日本以外ではCDを葬り去ることに成功しつつある。しかしそのiTunesの売り上げも、2014年には前年比で13〜14%の落ち込みを見せている。世界のダウンロード販売も下落トレンドに入っているが、2〜3%程度に落ち込みだ。その比較でいうと、iTunesの落ち込みの大きさがうかがえる。

この苦戦ぶりは、アップルにとって看過できない事態だった。

次ページなぜiTunesの落ち込みが大きいのか
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
危機はこれからが本番!<br>コロナ倒産 最終局面

新型コロナウイルスの感染拡大で企業業績に大打撃。資本不足の企業が続出し、大手でさえ資本増強に奔走しています。政府の支援策で倒産は小康状態でも、もはや倒産ラッシュは時間の問題に。苦境の業界をリポートし、危ない企業を見破るノウハウを伝授。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT