「AppleMusic」は、本当に魅力的なサービスか

無料慣れした世代にとっては古くさい

WWDC2015の基調講演で、「ワンモアシング」として最後に発表されたApple Music。写真はアップルのティム・クックCEO

アップルが6月9日に開発者会議(WWDC2015)で発表した新しい音楽サービス「Apple Music」は、6月30日からスタートし、世界100カ国で展開される、定額制音楽サービスだ。米国では個人で月額9.99ドル、6人までの家族プランは月額14.99ドルだ。なお登録後3カ月は無料で利用できる。

例えば夫婦2人でiPhoneを使っているなら、家族プランを契約した方が月々5ドルずつ費用が浮く。また、夫婦が月に1枚ずつアルバムを買っていたとしたら、半額であらゆる音楽へのアクセスが可能になり、これまで「音楽を買っていた人たち」にとって、コストと自由さというメリットが大きいことが分かる。

iPhone、iPadはiOSの新バージョンであるiOS 8.4で、MacとWindowsではiTunesの最新版で、それぞれApple Musicにアクセスできる。また、アップルとしては異例の、Android向けApple Musicアプリを秋に準備している。

落ち込んだiTunes

アップルはiPodとiTunesで音楽ビジネスをデジタル化し、日本以外ではCDを葬り去ることに成功しつつある。しかしそのiTunesの売り上げも、2014年には前年比で13〜14%の落ち込みを見せている。世界のダウンロード販売も下落トレンドに入っているが、2〜3%程度に落ち込みだ。その比較でいうと、iTunesの落ち込みの大きさがうかがえる。

この苦戦ぶりは、アップルにとって看過できない事態だった。

次ページなぜiTunesの落ち込みが大きいのか
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。