ネスレ日本はあえてコンビニを重視しない

高岡社長はセブンからの打診も断った

――収益アップに向けて、さらに着手することは。

 まだまだ社員が仕事をしているようでしていない。パワーポイントやメールといった”作業“が多い。たとえば僕のミーティングでは、パワーポイントを3枚以上にしてはだめ。3分で説明してくれたら済む話。

移動時間や待ち時間もムダ。本当にその仕事が必要か徹底的に精査する必要がある。社内でプロジェクトチームを作って、労働生産性を定量化、定性化する大改革をしている。

――不採算事業の撤退余地は。

 もうない。一番大きな懸案だった缶コーヒー事業はやめた(2015年3月に撤退)。これからはむしろ新しいビジネスモデルを確立していく。日本は世界一の高齢化社会なので、健康問題の不安を取り除くような事業を考えたい。

グローバルビジョンに適した事業

9月7日に開いた2015年下期の戦略発表会。ゲストに「ペッパー」が登場した。

ネスレグループのビジョンは”Nutrition, health and wellness”だが、日本はチョコレートとコーヒーを主な事業領域としてきたので、健康というイメージからかけ離れている。

グローバルのビジョンに適した会社を作るには、新しい事業が必要だ。本社も、市場が縮小していく先進国で、売り上げと利益を持続的に上げていく事業モデルの構築を期待している。それを自分がやりきりたい。

――その新事業はいつから?

正確なことは言えないが、2、3年のうちに始めることは間違いない。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 離婚のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。