コストコとイケアはフードコートも侮れない

日本人が夢中になるメニューの仕掛け

さて、出入口付近で展開されている「スウェーデンフードマーケット」では、イケアの「レストラン」や「ビストロ」で提供されている食材を購入することができます。

定番は「ビストロ」で提供されるホットドック用の材料でしょう。パンとソーセージはセット販売でお得になっていますし、トッピングのローストオニオンやピクルスもあります。

サーモンやビール、菓子など北欧食材を自宅でも

北欧といえばサーモンを思い浮かべる方も多いでしょう。スモークサーモンはもちろん、サラダにぴったりのマリネや料理に最適なフィレなど、使いやすい冷凍パックで販売。ほかにも人気のミートボールやポテトグラタン、チーズパイなど、オリジナルの冷凍総菜が意外に充実しています。

最近流行のフルーツ入りシリアル「ミューズリー」やパン、ビスケット、ジャムなどの朝食向け食材、ワインやラガービールなどのアルコール類も扱っています。

入口にはイケアの家具と食器による盛り付け例やディスプレイもあり、食卓のイメージが膨らみます。

2016年度の事業戦略として、「IKEA FOOD」に、近年のヘルシー志向のトレンドを取り入れていくことを発表しているイケア。最新のカタログでも、「イケアで食事しよう」をキャッチフレーズに、同社のお皿に盛り付けられたオリジナルの食材が多数紹介されているほか、「ビストロ」や「レストラン」の新メニューも出ています。

本連載の次回記事では刷新されたイケアの「レストラン」に、スポットを当ててご紹介します。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT