コストコとイケアはフードコートも侮れない

日本人が夢中になるメニューの仕掛け

片手で食べられる軽食が揃う両社のフードコート。メニューは季節によっても変動がありますが、売れ筋となる定番メニューはホットドック、ドリンク、ソフトクリームの3種類です。

ホットドッグとドリンク、ソフトクリームは鉄板!

まず、ドリンク類はイケアが70円、コストコはジュース類が60円、両店ともにセルフサービスです。コストコでは別途、コーヒー(100円)、ラテ(150円)、クラムチャウダー(300円)、スムージー(200円)を扱っています。

イケアの「ビストロ」の様子

ホットドッグはハンバーガーに比べ作業工程も少なく、短時間で提供しやすいメニューのひとつ。イケアは100円、ドリンクとのセットは150円、期間限定のサルサドッグ(夏季限定)は180円(セットは230円)、コストコはボリューム感のあるクォーターパウンドホットドッグを180円で提供しています。

どちらもソーセージ以外の具材やソースはセルフサービス。刻みピクルスとケチャップ、マスタードは共通ですが、タマネギに関しては、イケアはフライドオニオン、コストコは生のみじん切りとなっています。

ソフトクリームの提供方法も差があります。イケアはコーンカップに載せるタイプでひとつ50円。期間限定品はゴールデンパインソフトクリームで、バニラとのミックスともに100円でした。以前は抹茶味を提供していたので、季節にあわせて内容が変わるのも楽しい点です。

一方、コストコの北海道ソフトクリーム(200円)はプラスチックカップにたっぷりと注がれます。このソフトクリームにフルーツソースがたっぷりかかったサンデーは350円(夏季はマンゴー味)。こちらも期間限定でフレーバーが変わっていきます。

コストコはガッツリ系、イケアはあくまでも軽く

ここからは、両社の独自メニューを見ていきましょう。基本的にイケアの「ビストロ」は軽食のスタイルを貫いているため、バタースコッチクッキー(100円)、シナモンロール(90円)、ホウレンソウ味の焼きベジドーナツ(1つ70円、3つ入り200円)など、コーヒースタンドで見かけるようなスナック感覚のものが中心です。

コストコのフードコートの様子

一方のコストコはアメリカ発らしいボリューム感のあるアイテムが目を引きます。代表格は何といってもピザ(1カット300円、ホール1580円)でしょう。総菜売り場にもオリジナルピザはありますが、そちらは生地が薄く自宅で焼くタイプ、フードコートのものは生地が厚く焼いた状態で提供されます。

具材も一部違いますので、自宅で食べるという人にとっては、味の好みによって選べるのも嬉しいところです。またチキンベイクやプルコギベイク(ともに420円)といった具の詰まったロール系メニューも人気。こういったお国柄によるメニューの違いもフードコートの面白い点です。

次ページ北欧の食材を家でも気軽に楽しむ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT