甲子園「ベスト8投手」に学ぶ"醒めた視点"

結果を出す人は「プレイ」に長けている

演出家の鴻上尚史は以前、就職活動の面接を控えて緊張する学生に対して、「ノックをする前に頭の中で、『ショートコント・面接』と唱えてから入りなさい。そうすれば、他人事のように思えて緊張しない」というアドバイスを行っていました。

全身全霊をかけて、自分がなんとか状況を打開する、相手をやりこめるという発想ではなく、“神の目線”で「あらかじめ決められたことを演じるだけ」という意識を持つことで、無駄な緊張がほぐれるのです。

「演じる」ということに抵抗がある人には、「フリをする」と言い換えてもいいかもしれません。

こんなエピソードがあります。私の知人が経営する会社で、仲の悪い社員2名がいました。彼個人としては、結果さえ出してくれればどうでもいいのですが、周囲が2人の仲を気にして仕事が手につかない様子。見るに見かねた彼は、ある日2人を別室に呼び出し、こう命じました。

「仲よくなれとは、言わない。仲のいいフリをしろ」

何を言われるか、と身構えていた2人も気が抜けて、「そういうことなら」と快諾。それ以降は、意識して談笑するようにしたり、笑顔を絶やさないようにしたりして、仲のいいフリを心がけたそうです。おかげで周囲も安心して、仕事に打ち込めるように。

さらにこれには後日談があって、そうやってフレンドリーな振る舞いを続けていった結果、2人は実際に仲良くなったのだとか。嘘から出た誠、とはこのことでしょう。

今回紹介した、甲子園のエピソード、ショートコント技法、フリをするテクニック、どれにも共通するのが、「周りが見えなくなるほど、目の前の状況に入れ込みすぎない」ということ。

「仕事なんて『仕事プレイ』でいい」とは、昨今よく言われることですが、人づきあいにおいても「仲のいいプレイ」「できる男プレイ」でかまわないし、そのためには、自分が周囲からどのように見えているかを、醒めた目線で客観視できる余裕が欠かせないということです。

9月を迎え、新しい人間関係も生まれる季節。ぜひ心がけてみてください!

 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT