こじらせた「学歴コンプレックス」を消す方法

東大生以外は悩んでいる?

東大生は学歴コンプレックスとは無縁?(写真:YNS / PIXTA)

春先のことになりますが、ある高学歴女性タレントが「私たち夫婦は自分の力で学歴をつかみとってきたという誇りがある」「努力の証明書として学歴がある」と発言。「学歴自慢かよ?」とネット上で炎上する騒ぎがありました。

学歴に関するこうしたトラブルは、絶えることがありません。学歴は、自分の力でどうにかなるような、それでいて動かしがたい過去のようでもある。さらに、企業社会においては、実質的な価値はないとされているものの、信奉している層も根強くいる。ですから、強いコンプレックスを感じる人も少なくないのです。

東大生は学歴コンプレックスがない?

以前、ある慶應大学出身の人が「東大出身の人は学歴コンプレックスがないから、話しやすくて好ましい」と語っているのを聞いたことがあります。

いわく、彼は学生のころからいつも「いいよな、慶應は。どうせ俺なんか……」というひがみに満ちた言葉をぶつけられてきて、そのたびに居心地の悪い思いをしてきたのだとか。

それに比べて東大出身の人はそうした学歴コンプレックスにとらわれていない(ことが多い)。なので、学生時代の思い出など、気にせずフラットに話せて気持ちがいい、というのです。こうした「コンプレックスを持たれる側の悩み」というのは、なかなかフォーカスのあたることのないテーマです。

次ページ東大に入ったある学生の場合
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 起業家的音楽家
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。