マレーシアで首相退陣要求デモが活発化

90歳のマハティール氏、「民衆の力結集を」

 8月30日、マレーシアのマハティール元首相(写真中央)は、スキャンダルの渦中にあるナジブ現首相の退陣を求めるデモ活動に参加し、「民衆の力」を結集しようと呼び掛けた。30日撮影(2015年 ロイター/Olivia Harris)

[クアラルンプール 30日 ロイター] - マレーシアのマハティール元首相(90)は30日、スキャンダルの渦中にあるナジブ現首相の退陣を求めるデモ活動に参加し、「民衆の力」を結集しようと呼び掛けた。

かつてはナジブ首相を支持していたマハティール氏はデモ参加に先立ち、メディアに対し「彼(首相)を退陣させるため、民衆の力を示さなければならない。国民全体はこうした腐敗指導者を望んでいない」と述べた。

警察当局によると、この日のデモの参加者数は推計で2万5000人に上った。

一方、ニュー・ストレーツ・タイムズ紙(電子版)によると、アハマド・ザヒド・ハミディ副首相は「法律を犯すのなら相応の結果を受け入れなければならない」と述べ、デモの主催者が法的な責任を問われる可能性があると警告した。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 財新
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本の経常収支に構造変化<br>10年後には赤字化も?

ドル円相場が不思議な安定を続けています。その背後に日本企業や投資家の行動変化があり、統計数値として経常収支に表れます。10年後に経常黒字が消え、通貨の信認を問われる時代になる可能性を踏まえ、国も企業も戦略を構築しておく必要があります。