マレーシアで首相退陣要求デモが活発化

90歳のマハティール氏、「民衆の力結集を」

 8月30日、マレーシアのマハティール元首相(写真中央)は、スキャンダルの渦中にあるナジブ現首相の退陣を求めるデモ活動に参加し、「民衆の力」を結集しようと呼び掛けた。30日撮影(2015年 ロイター/Olivia Harris)

[クアラルンプール 30日 ロイター] - マレーシアのマハティール元首相(90)は30日、スキャンダルの渦中にあるナジブ現首相の退陣を求めるデモ活動に参加し、「民衆の力」を結集しようと呼び掛けた。

かつてはナジブ首相を支持していたマハティール氏はデモ参加に先立ち、メディアに対し「彼(首相)を退陣させるため、民衆の力を示さなければならない。国民全体はこうした腐敗指導者を望んでいない」と述べた。

警察当局によると、この日のデモの参加者数は推計で2万5000人に上った。

一方、ニュー・ストレーツ・タイムズ紙(電子版)によると、アハマド・ザヒド・ハミディ副首相は「法律を犯すのなら相応の結果を受け入れなければならない」と述べ、デモの主催者が法的な責任を問われる可能性があると警告した。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。