震災、原発事故で飼い主の元に帰れない犬猫たち、獣医師らが支援活動に奮闘

震災、原発事故で飼い主の元に帰れない犬猫たち、獣医師らが支援活動に奮闘

東日本大震災や原子力発電所事故で苦しんでいるのは、人間だけではない。犬や猫などの動物も飼い主と離れ離れになり、生死の境をさまよった。そうした動物の救護活動に、ボランティアが奮闘している。米国の大手製薬企業ブリストル・マイヤーズ・スクイブの日本法人に勤務する獣医師の東海林綾さん(29)もその一人だ。

東海林さんは現在、土日や祝日を費やして、福島県内に設けられた犬や猫のシェルター(救護所)と自宅を行き来している。

「大震災が起きた後、何かできることはないかと考えたのがきっかけ。お世話をすることで犬や猫が喜んでくれるのが何よりのやりがい」と東海林さんは話す。

高校生のときからボランティア活動の経験のある東海林さんは、まさに行動力を地で行く人物だ。



東海林綾さん


 震災から1カ月も経たない4月9日、宮城県石巻市で開設目前の「石巻動物救護センター」に向かった。翌10日のセンター稼働後は、7月中旬まで毎週通い続けた。

金曜日の夜に夜行バスで東京・新宿をたち、翌朝、仙台市を経由して石巻に入った。そしてシェルターでは動物とともに寝起きし、体調管理や散歩などの世話をした。日曜日の夜に石巻を離れて東京に着くのは月曜日の早朝。自宅でわずかな時間を過ごした後、出社するという激務が続いた。

ボランティア活動に際しては、週末のみならず有給休暇も活用。震災を機に会社が設けたボランティア休暇制度(5日)もフルに使って現地との行き来を続けた。




石巻での動物救護活動


 福島に初めて赴いたのは7月のことだった。石巻では仮設住宅の建設が進み、元の飼い主が動物を引き取ることができるようになったためだ。石巻の場合、仮設住宅での犬猫の飼育が比較的容易だったことが、問題の解決につながった。

石巻での活動が一段落しつつある一方、福島では事態がむしろ深刻になっていた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • トクを積む習慣
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT