日本人が飼い猫につけたがる「あの名前」 気づけば「たま」が激減していた!

拡大
縮小
画像を拡大
豪徳寺にある招き猫(写真 : SHIMA / PIXTA)

取材班が「猫の名前といえば?」という街頭インタビューをしてみたところ、なんと8割以上の人が「たま」と回答。日本人には、「猫=たま」という印象が強い。

サザエさんの「たま」のルーツも、もともとは江戸時代、招き猫発祥の寺、世田谷区豪徳寺にあるという。豪徳寺は通称「猫寺」と呼ばれ大小、さまざまな白い招き猫が2000体以上もあり、全国の猫愛好家が集まる場所。この招き猫のモデルが、江戸時代にこのお寺で飼われていた猫であり、その名前が「たま」だったというのだ。

しかし、ペット猫で人気の名前ランキングでみると最新ベスト10の中に「たま」という名前はないどころか、実はここ8年間、「たま」は10位にすら入っていない。多くの人が、「猫=たま」という印象があるにもかかわらずだ。

猫はある存在になったのだ!

深まる謎、取材班は、過去9年間のランキングを徹底検証してみた。すると、ある不思議な現象を発見することができた。最新の3年間を見てみよう。

人の子どもにつけるような名前が多い事がわかる。実際に人の名前と比べると……。

たとえば、リンちゃん、猫のランキングは4位。人のランキングは3位
などなど、猫と人で名前に差がなくなってきている。

単なるペットではなく、家族の一員であるTBSテレビ『世にも不思議なランキング なんで?なんで?なんで?』(月曜よる8時放送)

今や猫は単なるペットではなく、家族の一員であり、人生を送るパートナーになった。ペットの象徴だった「たま」という名は、飼い主にとってわが子のような存在となった今、そぐわなくなってしまったと考えられる。それに外国種の猫が増えたのも要因にありそうだ。いかにも和風な名前の「たま」は外国猫にはそぐわない。

TBSテレビの『ナゾ解きマイネーム』取材班によると、日本人が子どもにつける名前も時代の変遷があり、現在30~50代の男性に多いのは「誠」だが、最近多いのは、「大翔」「翔太」など「翔」の名前がつく男の子だ。

名前は時代を映す鏡。猫をめぐるさまざまな出来事で、人気の名前もまた変わっていくだろう。「たま」の復権は難しいかもしれないものの、「モモ」の隆盛もいつまでも続かないはずだ。

TBS『世にも不思議なランキング なんで?なんで?なんで?』取材班

著者をフォローすると、最新記事をメールでお知らせします。右上のボタンからフォローください。

TBSテレビ『世にも不思議なランキング なんで?なんで?なんで?』は、さまざまなテーマのランキングデータの謎に注目し、その結果から“なんでランクインしたのか?”を徹底的に解き明かす情報エンターテインメント番組。2015年4月20日(月)よる8時スタート。

この著者の記事一覧はこちら
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT