欧州危機はどこへ向かうのか--欧州大手銀行・経済調査総責任者に聞く

この数カ月、欧州のクライアントと話をしていると、やはり出てくる質問は、ユーロが数年後も存在しているのか、という質問だ。答えは、置かれている状況によって違う、というもの。

たとえば、ギリシャ国内に資産を持っているギリシャのクライアントの場合、ギリシャがユーロから離脱する懸念を持っているなら、ギリシャから資産を他の国に移すことをお勧めする。しかし、ドイツのクライアントなら、ユーロで資産を持っているのなら、ギリシャがユーロから離脱しても、心配はない。

--そうした視点で、日本の今の財政状況をどう評価しますか?

当社の専門家によると、通貨は円高基調が6カ月から12カ月続くとみているようだ。やはり円に逃避する流れが起きている。日本の実質金利は高く、経常黒字が大きいのがその要因だ。日本銀行も円高を阻止しようとしているが、けっして積極的だとは言えない。

日本も約15年前の金融危機以降、ゆっくりと危機から脱却してきた。不動産や銀行をみていても、欧州が現在抱えている問題は15年前の日本ととてもよく似通っている。日本もゆっくり危機から脱却し、低成長を続けている。欧州もそのような道をたどるのではないか。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT