暴力団排除条例と建設業界、もはや許されぬ“脇の甘い行為”


かつて企業トップがいくつかの事件に関与したゼネコンも、悪しき経営風土を断ち切る覚悟だ。業界にとっては、社会全体が暴力団排除の動きを強めることは、リスク分散にもつながるわけで、対策を講じやすくなるかもしれない。
 
 ただし業界特性から、油断はできない。条例施行以前であれば、警察から「厳重注意」で済まされた“脇の甘い行為”が、これからは処罰の対象となってしまうからだ。
 
 今後はコンプライアンス(法令遵守)の徹底はもとより、警察や地方自治体とも密に連携し、より実効性ある対策を持って取り組む必要があるだろう。

(週刊東洋経済2011年12月3日号より)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スナックが呼んでいる
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • インフレが日本を救う
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
逆風強まる石炭火力発電<br> 三菱UFJが新規融資停止

地球温暖化への危機感が高まる中、三菱UFJ FGは「新設する石炭火力発電所への投融資は今後原則実行しない」との方針を発表した。国内3メガバンクとしては画期的な決断だが、世界の潮流には大きく遅れる。さらなる前進も近そうだ。