今の大学生たちが「公園遊び」にハマる理由

カラオケでもカフェでもなく公園へ?

第2の要因としては、今の若者が友人たちとしたいことが一気にできるのが公園なのだということだ。

今の若者は、友人たちと話すこと、写真を撮ること、おいしいものを食べてワイワイできること、がしたいのだと、インタビューをしながらしみじみ感じた。

実際に公園などのほうが、カフェなどの周りの空気を気にすることなく、自分たちの空間で自由にふるまうことができるのだ。

今の若者はSNSにアップするために大量の写真を撮るが、自然に囲まれたところであれば、オリジナリティのある写真を撮ることができる。実際、今回のケースにでてきた写真も個性的なものになっていると思う。

そもそもこれまでカフェなどで友人同士でおしゃべりをしていたが、話すだけならば、公園で十分だと気づいたという声もちらほら出てきた。

第3に、仲間との「団結感」や仲間との「特別な空気感」を味わいやすいということだ。

昨今、友だち同士でおそろいの洋服を着て、「SNS映え」を狙う若者が少なくない。ここ数年、集団で同じ服を着てディズニーランドに行く若者が男女ともに多いが、そうした「みんなで遊びたい」ニーズとも関係していると思う。周りの目を気にすることがなく、はしゃいだりすることも出来るため、オリジナルな遊びができ、自分たちのやり方でより自由に楽しむことができるのではないだろうか。

今の若者は、公園や自然の中で時間を過ごすことで、今しか出来ないことを楽しんでいるともいえる。話を聞いていく中で、「社会人になったら……」「就活をするようになったら……」と今の時間を大切にしていることが伝わってきた。

今回のインタビューでは男子のみのグループは見つからなかったが、今後は男子のグループもますます増えてくるのではないかと予想する。

原田の総評:おしゃれアピールへの飽きがある

さとり世代の「自然」との触れ合いに関するレポートはいかがでしたでしょうか。

確かに若者たちのインスタグラムをのぞくと、以前は「スタバなう」などのオシャレなカフェやレストランやパンケーキなどの写真などが多かったのに対し、最近では、綺麗なお花などの写真が増えているように感じています。

さとり世代が自然を好むようになってきたのは、学生たちが分析してくれたようにさまざまな要因がありますが、この数年、SNSが普及し、多くの若者たちがオシャレアピールをしてきましたが、ややそのアピールにも飽きがきていることもありそうです。周囲の投稿と差別化するためにも、「僕は自然が好きなんだ」「私は童心に返るほどピュアなの!」など、今までと違ったことをPRしたいニーズが若者たちの間で生まれてきているのかもしれません。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT