君はバートランド・ラッセルを知っているか

論理哲学はこうして発展してきた

論理が狂気を生むのか、それとも狂気が論理を生むのか。幼い頃より、宗教的な厳格さのなかで育てられたラッセルは、たびたび狂気に襲われる。それでも彼は「混乱した世界を救えるのは科学である」と固く信じ、数学のための論理的基礎を築くという目標へ立ち向かっていく。

画像を拡大
(左)幼少期(右)青年期、ラッセルの周辺に様々な狂気が襲い掛かる。

そして彼と天才たちとの間に繰り広げられた「知の格闘技」のような競演。ラッセルのパラドックスとして知られる「それ自身を含まない全ての集合の集合は、それ自身を含むか?」という問いかけは、同時代の天才たちを震撼させた。

画像を拡大
「ラッセルのパラドックス」の発表直後に出版を予定していたフレーゲは、出版物の基盤となる部分が崩れ落ちたことに驚愕した。
次ページ無限と真正面から向き合った天才たちは……
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT