君はバートランド・ラッセルを知っているか

論理哲学はこうして発展してきた

だが無限と真正面から向き合った天才たちには、無限の苦しみも付きまとった。カントールは狂気に陥り、ゲーデルはパラノイアから餓死し、ヒルベルトの息子は統合失調症と診断されたという。

画像を拡大
集合論というアプローチから、無限にも段階があることを発見したカントール。

また、エキセントリックな天才弟子・ウィトゲンシュタインも、この探求において重要な役回りを演じる。ラッセル同じ夢を見たのも束の間、やがて二人の仲は疎遠になり、ウィトゲンシュタインは戦争の最前線へと赴く。非合理の極みである戦争が、世界を覆い尽くそうとしていた。

画像を拡大
集合論というアプローチから、無限にも段階があることを発見したカントール。

しかしその後、「数学の基礎」のバトンを受け継いだゲーデルやチューリング、フォン・ノイマンらの尽力のもと、論理学は計算機科学へと結実し、やがてコンピュータ創世に至るまでの道筋が一本の線でつながっていくのだ。

画像を拡大
歴史的な名シーン。ゲーデルが「解答不可能な問題が必ず存在する」と述べると、聴講していたジョン・フォン・ノイマンは「これで終りだ!」と呟いた。
次ページコミックの形式が選択されたわけとは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT