いつの間に「宇宙」は戦争の瀬戸際にあった 米・中・ロの間で新しい冷戦が勃発している

印刷
A
A

 操縦可能なスペースプレーンと人工衛星は敵側宇宙機を攻撃する一つの方法だ。しかし、もっと古く目立つ方法もある。それは敵側宇宙機をロケット弾で宇宙に吹き飛ばしてしまうやり方である。

2006年後半、米国のスパイ衛星が低軌道に到達してすぐ後に機能不全となった。2008年2月上旬、ペンタゴンはこの停止した宇宙機を撃墜すると発表した。公式には、ワシントンはこの衛星攻撃オペレーションは安全対策であると主張した。衛星軌道が減衰し地球に落下したときに、機能停止した衛星の有毒性燃料が人を害することがないようにするということだった。

しかし、これは中国の2007年の衛星攻撃テストに触発されたワシントン自身の衛星射撃であると感じたのは1人だけではない。新たな冷戦が今回は宇宙空間において進行中なのである。

イージス艦の破壊力

2008年2月20日に、ハイテクのイージスレーダーを搭載した海軍の巡洋艦Lake Erieは特殊変更されたSM-3弾道弾迎撃ミサイルを発射した。このロケット弾は機能不全の人工衛星に推定速度毎時2万2000マイルで命中し、破壊した。

今日、米国は大量のSM-3ミサイルを搭載したイージス艦をたくさん保有しており、これはロシアと中国が各々50個ずつ低軌道で運用中の衛星を短時間で一掃するのに十分以上である。「イージス艦は最適に配置ができる」とUnion of Concerned ScientistsのGrego氏は2011年の論文「人工衛星群をほぼ1度で『一掃』する攻撃の計画」で書いている。

衛星攻撃の代替として、米陸軍とミサイル防衛局も2種類の地上から発射する迎撃ミサイルで低軌道に届く力を持ち正確に宇宙機に命中できるものを運用している。

この巨大な武器に対して、ロシアと中国が保有する兵力は見劣りがする。中国による2007年の衛星攻撃テストと2013年初頭の同様の実験は北京がロケット弾で低軌道上の人工衛星を撃墜できることが証明された。

2010年には中国宇宙局は小型スペースビークル群を打ち上げた。その中でSJ-6FとSJ-12と呼ばれるものは軌道上でお互いに衝突し、意図的に行われたように思われる。2013年7月には、中国は小型の偵察宇宙機SY-7を低軌道に配備した。

USの操縦可能な偵察宇宙機の船隊同様、リモート制御クローを備える超小型SY-7は周回軌道上の修理や偵察機、または兵器になりえるのだ。

「接近してロボットアームを使うことで可能となるたくさんの卑劣なことを思いつく人もいるでしょう。」Secure World FoundationのテクニカルスペースアドバイザーのBrian Weeden氏は2013年にWar Is Boringのウェブサイトに語った。

次ページ中国が同じことをやろうとすると?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT